まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

タグ

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

ハイデルベルク大学図書館 マネッセ写本特別展

現在のドイツ連邦共和国内で最古の歴史を誇るハイデルベルク大学は、来年創立625周年を迎える。
各種の記念行事が企画され、記念グッズも販売されるが、その一環として貴重な展覧会も開かれている。

b0206899_302127.jpg

______[Codex Manesse, Register © Universitätsbibliothek Heidelberg]_____


b0206899_31330.jpg
その歴史に比例して、大学図書館も当然それにふさわしい蔵書を誇るわけだが、通常の学術書に加えて、中世からの貴重な資料も収集している。実は1386年の設立当初から数百年に渡り、収集を重ねてきたビブリオテーカ・パラティーナがあったのだが、これは三十年戦争の折に戦利品としてローマ教皇に差し出されてしまった。カルヴァン主義を採用して人文主義の中心地として機能して
いたが、戦後はカトリックに逆戻りしてしまったのだ。

様々な紆余曲折を経て今日に至る大学と図書館であるが、
現在の蔵書の中でも目玉となっているのが、中世の重要な
「マネッセ写本」である。またの名を「大ハイデルベルク歌謡写本„
Große Heidelberger Liederhandschrift“ 」



[Codex Manesse, Einband Vorderdeckel © Universitätsbibliothek Heidelberg]_____


b0206899_32218.jpg

14世紀にチューリヒで製作されたもので、中世ドイツの宮廷詩人(ミンネゼンガー)の手による重要な詩歌が収められている。

140もの中高ドイツ語による詩歌のと、各々の詩人をイメージ化した138の細密画が収録された、大変豪華な写本である。

今回の展覧会では30の手稿に4つの揺籃期本
(1500年以前に印刷されたもの)と52の印刷物である。

さらに、かつてのビブリオテーカ・パラティーナに収蔵されて
いた貴重な手稿も展示される。

マネッセ写本は大学図書館のサーバーですべて
電子化され自由に閲覧できるようになっている。
さらにPDFファイルで一括ダウンロードも可能だ。



___________[Codex Manesse, Register © Universitätsbibliothek Heidelberg]


展覧会への予習を兼ねて、電子化された細密画をここで取り上げていこうと思う。
はたして、その上で実際に見る700年前の書物はいかなるものか!?
b0206899_322822.jpg

__[Codex Manesse, Einband Vorderschnitt © Universitätsbibliothek Heidelberg]___
# by fachwerkstrasse | 2010-09-14 03:17 | マネッセ写本

なぜ「木組み街道?」 (2) - 歴史と伝統をめぐって -

しかし歴史的な街並みを保存する上で最も致命的なのは、やはり戦争による人的被害だ。例えばかつては神聖ローマ皇帝戴冠式が執り行われたフランクフルト中心部は、1944年まではドイツの中でもこうした中世以来の街並みが最もよく残っていた街だったが、連合軍の爆撃で灰燼に帰してしまう。

その後のモダニズムによる現代的メトロポールを建設する復興プランの中で、かつての街並みが再現される可能性は完全に閉ざされてしまう。他にもシュトゥットガルトカッセルなどは、街の区画を始め、わずかに残った歴史的建造物に至るまで全て撤去して、むしろこれ幸いとばかりに、まったく新しい町づくりを行った。

また、旧東ドイツでも社会主義的街づくりのもと、同様に破壊されていった建物が数多くある。いずれも20世紀の文明の力を悪用した、政治的暴挙である。

しかし一方で、ナチスの拠点であったミュンヘンニュルンベルクなどのように、壊滅的破壊された南部の街は、現在まで綿々と受け継がれている保守的な気風から、できるだけ破壊前街並みを取り戻すべく、最大限の努力がなされた。

戦前は百塔の都エルベ川のフィレンツェと謳われたドレスデンだが、英国空軍による爆撃古都壊滅。戦後は東ドイツによる街づくりが進められた上に、資金不足で満足な復旧もできないままでいた。聖母教会をはじめ、再建のほとんどは、東西ドイツ統一後に進められたものである。

しかしいずれの都市でも、やはり失われたものの大きさを感じずにはいられない。21世紀に入ってようやく再興なったドレスデンにいたっては、戦後45年の空白を経てようやく、かつての姿を忠実に再現しようと試みたわけだが、戦後60年を経て、今ようやくできあがった「古い街並み」をいざ目の前にして、長年のドイツ人の悲願であったにも関わらず、歴史の重みを重視する立場からみれば、これはほとんど茶番である。(あれをみて「ハウステンボスみたいだ」と揶揄していた方もいたほどだ)

b0206899_16561131.jpg


[Der Dresdner Neumarkt 2008 © DFS All Rights Reserved]


戦後のドイツは、否応なしにドイツの「伝統」と批判的に対峙することを余儀なくされ、一時は古いものを徹底的に排除する思潮が主流だった。そのためかつては「時代遅れ」または「古いドイツを体現する善からぬ代物」という風潮さえあったが、80年代あたりから、こうした古い街並みに対する意識が再び芽生え始める。そうした流れを受けて、現在は鉄筋コンクリートの忌まわしい建物群が立ち並ぶフランクフルト旧市街を再建するプロジェクトが最近始まったのだが、私はこれについても懐疑的だ。

すでに市庁舎のあるレーマー広場には、こうした思潮が湧きおこった直後に、木組みの家が再建されているが、これも歴史の流れから寸断された「ニセモノ」に他ならない。そんな「旧市街」を今更再現したところで、一体どんな意味があるというのであろう。せいぜいのところ、新たな名所「旧跡」として観光資源にするのが関の山だ。しかし、爆撃で「歴史的建造物」が吹っ飛んだ事実も「歴史」の一部であるはず、それに蓋をして何事もなかったかのように、ニセモノで「歴史」を書き換えることは、詩を書くことよりもなお野蛮である。

b0206899_16574112.jpg


[Römerberg, Frankfurt/Main 2009 © DFS All Rights Reserved]
# by fachwerkstrasse | 2010-09-13 17:01 | なぜ木組み街道?

なぜ「木組み街道?」 (1)

ブログの名前は、ドイツ木組みの家街道。あまり知られてはいないが、ドイツの南北にまたがって、7本設定されている観光街道である。木組みの家とは、特にドイツ中部を中心にみられる、伝統的な家屋の作りで、文字通り木の骨組みが露わになっている隙間に、粘土や煉瓦づくりの壁が埋め込まれているのが特徴である。

b0206899_910333.jpg


[Homberg (Efze) in Nordhessen © DFS All Rights Reserved.]


中世から近世にかけて、ドイツの至る所で、この木組みの家がびっしりと並び、美しい街並みを形成していた。特に中世から近世にかけて、帝国都市東西通商路の中継点、または君主の居城の城下町として栄えた町には、様々な装飾が施された絢爛豪華な家々がこれみよがしに立ち並んだ。これらの多くは、その後の時代の流れから取り残された田舎町が多いため、現在に至るまで昔ながらの街並みがよく残っている。

b0206899_10181233.jpg


[Idstein im Taunus © DFS All Rights Reserved.]


木組みの家は、しかし木造なので当然火事には弱いし、修復・保全にも大変な手間とコストがかかる。ぶっつぶして新しい建物を作った方が安上がりだと聞いたこともある。(実際、20世紀後半には、鉄筋コンクリートにとってかわってしまった例がかなりある) 放置していれば、あっという間に無残な姿をさらけ出して朽ち果ててしまうのだ。かつての東ドイツ地域には、残念ながらこのように修復されないままの古い建物が廃墟となっていることが多い。

このことからも、古い木組みの家を保存していくのには大変なコストと労力がかかっていることがわかる。すべての民家や建造物を何百年も残していくわけにもいかない。ドイツのどんなに小さな村落でもたいていは1000年くらい前には記録に残っているが、たいていの家並みは現代的な一戸建てであることがほとんどだ。

しかし石造りの教会や街を取り囲んでいた城壁や砦などは、半永久的に残るので、たとえ廃墟になっていたとしても、その千年の歴史を今に伝えている。気をつけてみていると、こうした「遺跡」がごくさりげなく、たいては人々の日常の中にごく普通に溶け込んでいるのがわかる。かつての城壁や見張り塔が民家にそのまま組み込まれて利用されていることも多い。

このように、少し目線を変えて歩いてみるわけで、あるいは大都市から少し離れて旅をするだけで、こうした宝の山に容易に巡り合えるわけだ。

b0206899_17225745.jpg


[Die Aul der Stadt Zwingenberg (Bergstraße) erbaut vor 1500 © DFS All Rights Reserved.]
# by fachwerkstrasse | 2010-09-09 10:26 | なぜ木組み街道?

ご挨拶

この度、当ブログ「ドイツ木組みの家街道」を開設する運びとなりました。

b0206899_710369.jpg

[Illmenau, auf dem Weg auf den Kickelhahn 2007 © DFS All Rights Reserved.]


これまでいろいろと見聞きしてきたものを言葉にしていく場所がほしいと思う一方で、それをどういう形で表現してゆけばよいのかがなかなか見えてきませんでした。しかし偶然に出会った「木組みの家街道」を旅し、一度ある場所でそれをご紹介させて頂いたことがヒントになったように思います。今年に入ったあたりから、ようやく表現形態が見え始めてきたのですが、この半年ほどは大半は技術的な面で暗中模索、四苦八苦していました。

しかし今般ようやく軌道にのせることができましたので、公開に踏み切ることにしました。ブログ開設やプロバイダ選定にあたり貴重な助言をくれたブログ先輩の友人には、この場を借りてお礼を申し上げます。

これで、これまで書きためた膨大な下書きと、おそらく合計1万枚以上にのぼる各地での写真をようやくお見せすることができます。また、このブログは自分にとっての学びの場でもあり、その過程を記していくものでもありますから、皆さまの忌憚なきご意見や質問などを期待しています。コメント欄にどうぞ御遠慮なく書き込んで下さい。とはいっても、不定期の更新になると思いますが、どうぞご愛顧ください。まずは数回にわたり、コンセプト紹介となりますので、どうぞよろしく。
# by fachwerkstrasse | 2010-09-04 05:46 | なぜ木組み街道?