まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

お気に入りブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

タグ

人気ジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

<   2010年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

次世代の演奏家 フランソワ・シャプラン (続き)

このような作曲家ごとの「響き」の特性に、ここまで徹底して集中している人は、いなかったと思う。

というのは、たいていはピアニスト自身の技巧や音楽性で、作品を征服しようというのが、演奏芸術の基本的な考えであり、特に自分の楽器を持ち運びができないピアノの場合、楽器そのものを工夫して独創的な音楽を作ることは、なかなか難しい。そうなると、頼みの綱はやっぱり技巧と言うことになってしまう。

そんな中でも、自分で調律技術や音響物理学まですべて学び、マイピアノを世界中持ち歩くツィマーマンや、調律法や周波数を変えてフーガの技法の新しいピアノ演奏の可能性を開拓するエマールのような試みもある。しかしここで聴かれる響きは、まったくそれとも異質なものだ。

(ホロヴィッツも自分のピアノを持ち歩いていたが、あれは年老いた体でも超絶技巧が発揮できるように、鍵盤をスカスカにするなど禁じ手とも言える改造を施していて、それでないとあの音が出せなかったからだ)


ところで、最初はあまりの響きの美しさに気を取られていたが、よくよく聴いてみると、実はこの人恐ろしいくらいに感情がこもっていない。

これだけのシンパシーなしに、よくぞここまでショパンを感動的に響かせることができるものだと、むしろあきれるほどだが、その徹底ぶりが、かえってプラスに作用しているのかもしれない。

真に普遍的な深みに達し、作曲家が譜面の裏に隠した感情と一体とでない限り、演奏者がこめる恣意的な「感情」というのは、邪魔にこそなれ決して聴衆を感動させたりはしないからだ。

もちろんエンタテイメントを求める聴衆と、はなからそれを煽るつもりの演奏家という、不幸な組み合わせの場合をのぞくが...

b0206899_21163959.jpg

そのことは、改めてアラウの演奏に立ち返ってみた時に感じたことで、二人とも極度に美しい音色を誇っていながら、その本質がまるで異なることに気づかされた。

だが、通常だとこれで若い方の「浅さ」が目につくものなのだが、シャプランの場合それがない、つまり浅いか深いかの問題ではなく、まったく互角に別の世界を切り開いているのだ。

また、テンポや息遣いなども、禁欲的ともいえる無理のないもので、しかも恣意的なところ、華やかな技巧をひけらかす様子はみじんも感じられない、無理のない演奏だ。

だから演奏効果や技巧を求める人にはお勧めできない。



[Dans le Parc de la Roque d'Anthéron 2010 © FRANCOIS CHAPLIN - 2008/10] ____

公式HPおよびYoutubeにある映像は、ピアノの質が悪いのか録音環境が悪かったのか、音質が非常に悪く、彼の持ち前の響きはごっそりなくなっている。

クレンペラーも真っ青の即物性で(といっても、当時の新即物主義とはもちろん違う。テンポルバートなどはそれ相応にやっております)まるで氷のような冷たさ、しかし太陽に照らされた真冬の氷柱のような輝き。これが50年くらいしたら円熟して恐るべき深みへと到達するのだろうか?それもまた見ものだ。
by fachwerkstrasse | 2010-10-31 21:26 | 次世代の演奏家たち

次世代の演奏家 - フランソワ・シャプラン -

b0206899_22424046.jpg



最初にご紹介するのは、フランスの新進気鋭のピアニスト、シャプラン。





公式HPはこちら





["CHOPIN Ballades, Barcarolle, Berceuse" Septembre 2007 © Arion] ________________


HMVのニュースで興味を持って、ドイツのアマゾンで聴いてみたら、およそこれまで聴いたことのない響きに驚愕した。(試聴機能が充実しているので、これだけでも十分楽しめてしまう。マタイ受難曲だと1トラックあたり1分だとしても、一時間以上持ってしまうので)

(HMVサイト)
ショパン・ノクターン集       ショパン・バラード集       ドビュッシー・ピアノ作品集

(ドイツ・アマゾン(試聴機能付)
ショパン・ノクターン集       ショパン・バラード集       ドビュッシー・ピアノ作品集

(夜想曲は、リリース直後には試聴音源がアップされていたのですが、一時的に(?)消されているようです)

詳細については、HMVの各CDサイトの批評に詳しいので、そちらをご覧いただきたい。
ピアノの響きと楽器の性能について、僕の方からこれ以上書くこと(書けること)はありません…

特にドビュッシーは、作曲家本人が、従来なかった響きを追求しながら、独創的な和声を編み出していった、そのおもしろさを存分に味わえる快演だ。これを聴くと、いかに多くのピアニストが、ピアニストとしての(極論すれば、自己顕示欲から来るアクロバティックな)視点からドビュッシーにアプローチしていたのかを思い知らされる。

ギーゼキングも、おそらく響きに拘っていた人のはずなのだが、録音技術で名高いEMIに録音を残してしまったおかげで、彼の持ち味であった(とされる)豊かな音色がまったく味わえないのが残念。(ただし、最晩年の56年にBBCにライヴ録音した音源は、かなり克明に彼の音色を捉えている)

また、ミケランジェリのような、演奏家個人のカリスマ性による美しさとも違う。徹頭徹尾計算された美しさだ。

ショパンも実は、旋律の豊かさなどについ目が向きがちであるが、実はドビュッシーと同じく「響き」を念頭に置いて、斬新な和声を開拓した人なのだ。そうしたショパンの「響き」を堪能できる貴重な録音だといえるだろう。
by fachwerkstrasse | 2010-10-30 22:50 | 次世代の演奏家たち

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-⑩ -

まずは泉のあるテラスから広場の奥を眺めてみよう。写真左手のパステル調の建物から。

b0206899_2172149.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 2 2007 © DFS All Rights Reserved]_______

この穀物広場周辺には遅くとも中世後期には今のように建物が並んでいたらしく、この2番地にも1338年に「鏡家=Spiegel」と呼ばれる家があったことが確認されているが、遅くとも1687年の大火災で焼失している。そして現在の建物が建てられたのは1700年のこと。

ここには18-19世紀にかけて、最高裁の関係者が入れ替わり立ち替わり住んでいた。

その後、この建物は1811年にはとある地元の一家の持ち家となり、1892年にはプロテスタント系の徒弟組合に売却された。伝統的な徒弟制度のもとで、一人前の職人を目指す若者たちは、各地の親方のもとを転々としていたわけだが、そのような遍歴の徒弟たちに宿を提供していたのである。

(蛇足ながら「冬の旅」や「美しき水車小屋の娘」で歌われているのも、まさにこのような遍歴の途上における孤独と絶望の世界である)

売却時には大規模な改装も行われ、門のアーチが、建物の左側から現在の真ん中に移され、玄関部分も改造された。それに合わせてアーチの左側の部分の壁も新たに築かれた。第二次大戦時には建物が被害を受けている。1961年には市の所有となった。

7本の軸組構造による木造建築で、スレート吹きの切妻屋根の上の4階にあたる部分、写真でもわかる通り三角形の切妻部分に屋根裏部屋がしつらえてある。平入り4階建て(ドイツ風に言うと3階建て)の木組み建築だが、漆喰塗の壁なので木材の骨組み部分は外からは見えない。

広場に面した漆喰塗りのファサード部分は各階ごとに段がつけられ、穀物広場の景観を美しく彩っている。
by fachwerkstrasse | 2010-10-28 21:09 | ドイツ木組みの家街道

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-⑨ -

b0206899_1662516.jpg



こちらが、この町で現存する最古の木組み建築。


ドーム広場から帝国最高裁の前を通り、さらに東へアイゼンマルクトの方につながるブロートシルムという小道にある。


建築年代は1356年。


典型的な中世の木組み建築様式である。


この建物については、後日詳しく述べることにする。



[Wetzlar Brodschirm 6 2010 © DFS All Rights Reserved]______________

しかしこの町は17世紀後半に大火事に見舞われていて、その時にかなりの建物が焼失している。
その後に建てられた建物は石造りやバロっク様式の建物ということになる。
その意味でも、16世紀以前のこうした現存する木造家屋は貴重なものなのだ。

したがって、例のペテン師の時代に、すでにこのコルンマルクトにはだいたい今と同じように周囲を建物に囲まれ、文字通り穀物のやりとりが行われ、人々が行き来していたとは思うのだが、写真も絵もないため、そこは乏しい想像力に委ねる他ない。

すでにご紹介した通り、かなりの建物が火事による消失や増改築を経ていて、ゲーテのいた頃をはさんでなお、街並みはそれなりに変化しているはずだ。

そうしたことを踏まえ、これから数回に渡って、もう少しこの「穀物市場」の建物をみてみよう。

b0206899_16104979.jpg

_________[Wetzlar Kornmarkt 2007 © DFS All Rights Reserved]_______
by fachwerkstrasse | 2010-10-27 16:12 | ドイツ木組みの家街道

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-⑧ -

コルンマルクトの南側のテラスには泉がある。

すでに1341年には文献でその存在が確認されている。街の近くのカイザースグルントと呼ばれる谷間の源泉から水道を引いていたようだ。後で詳述するドーム(大聖堂)広場やアイゼンマルクト(鉄市場)の泉と合わせて、市内の重要な水汲み場であった。

19世紀になるとカイザースグルントからの水だけではこれらの泉すべての水を賄えなくなり、新たな水道設備が敷設され、従来からの泉はその役割を終えた。

ここの泉の下部は15枚の板から成る桶でできていて、その真ん中には柱頭とガーゴイルのついた柱が据え付けられている。その上には帝国の紋章である王冠を頂いた鷲がそびえている。この王冠は皇帝ルドルフ2世の治世に鋳造され18-19世紀にはハプスブルク家の王冠として用いられていたものだ。

(手前の柵のすぐ向こう側、2件の木組みの家のちょうど間に泉がみえる)

b0206899_7383142.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 2009 © DFS All Rights Reserved]________

ちなみに、そのカイザースグルントと呼ばれる谷間には、フリードリヒ2世の名を語った自称皇帝、ティーレ・コルプの記念碑がある。

このペテン師は、はじめデュッセルドルフ近郊のノイスでなんと宮廷を構え、貴族を従えて皇帝の名で書類を出したりもしていたらしい。

1285年にヴェッツラーに移ってきたのだが、ハプスブルク家のルドルフ王がヴェッツラーの付近で宿営した折に、市民によって捉えられ王に突き出され、同年の7月7日に異端者として火刑に処せられた。

b0206899_7261650.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 2009 © DFS All Rights Reserved]________

当時はこの世の終末に際して所謂「平和の皇帝 Friedenskaiser」が復活するという一種の救世主伝説が広まっていた。

もともとは古代ローマに端を発するものだが、こと中世ドイツとなると、その死後もキフホイザー山に身を潜めて、ドイツ危機の折に再び蘇るという、赤髭バルバロッサ王の復活伝説に便乗したペテン師が当時は他にもいたらしい。

考えてもみれば新聞もテレビもない時代。グーテンベルクが活版印刷術を開発するのは、200年ほど後のことだ。先立つものさえあれば、意外と簡単に人々をその気にさせることはできたのかも。(どこから資金を調達していたのかは謎らしいが) しかもその皇帝復活の民間信仰は、蘇った皇帝は民より現るという風に形を変えていたからなおさらだ。

(写真の右手、行き先案内表示の足元に泉が見える)

b0206899_7293151.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 2010 © DFS All Rights Reserved]________
by fachwerkstrasse | 2010-10-26 07:43 | ドイツ木組みの家街道

お礼

ブログ開設から一ヵ月半で、訪問者数が1000人を突破しました!ありがとうございます!!

(フラグカウンタを後から取り付けたので、実際には先週あたりで1000人の方にお越し頂いている可能性大ですが)

b0206899_254949.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 2009 © DFS All Rights Reserved]________

記事の中には、以前から書きためていたものもあり、毎日それを切り貼り載せていけばいいや…と最初は簡単に考えていたのですが、実際にここのフォームにのせてみると、いろいろと気付いたことや、間違いもあり、それを直しながら完成形にしていくのは、容易なことではありませんでした。

写真を含めたレイアウトなども、実際にアップロードしてみないと、どうすれば見やすくなるのかがわかりませんから、ここも慣れるまで大変でした。

改めて見直してみると、見づらい個所があったり、もっとわかりやすい写真が実はあったりしたので
あとからでも修正できるというブログの利点を活用して 特にヴェッツラーの記事を大幅に加筆訂正・また他にもレイアウト修正を施しました。(目下まだ改装工事中)改めてご覧いただければ幸いです。

けれど、こうやって文章として形作っていくことで、これまであやふやだった部分もきちんと確認することができ、自分の見聞きしてきたものが改めて自分の中にしっかりと根付いていくのがわかります。(というか、もういろいろなテーマが溜まりに溜まっていたので…)

b0206899_2261667.jpg

_________[Wetzlar Lahninsel 2010 © DFS All Rights Reserved]______________

また、自分に正直に書いている部分もあるので、ひょっとしたらショックを受けられることもあるかもしれません。いい年して、まだまだ生意気盛りなところもあるので、そこはどうか大目に見てやって下さい。もちろん、異論や反論、疑問や質問etc.は、いつでも大歓迎ですので、ご遠慮なくコメント欄をご活用下さい。

まだいろいろと試行錯誤の段階ですが、これからも歴史や文化に対するまなざしを広げてゆきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2010年10月24日

ドイツ・ハイデルベルクにて

宇野将史
by fachwerkstrasse | 2010-10-24 21:00 | 雑感

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-⑦ -

では、この町でゲーテはどんな所に住んでいたのであろうか。

b0206899_650190.jpg

_______[Wetzlar Kornmarkt 5-7 2009 © DFS All Rights Reserved]_______

ゲーテが住んでいたのは、コルンマルクト(Kornmarkt=穀物市場)と呼ばれる広場に面した、
7番地にあたる右側の青い建物である。

b0206899_1837366.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 7 2009 © DFS All Rights Reserved]______

b0206899_18412695.jpg



ゲーテが間借りしていたのは、最高裁の検察官(Prokutrator)であったゲオルク・ヴィルヘルム・フォン・ルードルフの家の3階の一室。隣には、ライプチヒ時代の知人ヨハン・ハインリヒ・フォン・ボルンも住んでいた。

ただし、こちらの記念プレートにもあるように、1976年に取り壊され、翌77年に建て直されたものである。よりにもよって、こんな建物をつぶすなんて・・・!!



________________[Wetzlar Kornmarkt 7 2009 © DFS All Rights Reserved]

b0206899_18473591.jpg
左のバロック様式の建物があるのは5番地。

ここの料亭「ローマ皇帝軒 Zum Römischen Kaiser」は、劇場とダンスホールも併設しており、この町の上流階級の社交場であった。

建てられたのは1767年で、つまりゲーテがいた頃にはひときわ目を引くモダン建築であったというわけだ。

こちらも1976年に取り壊されていて、現在の建物は、18世紀以前から残る地下部分を除き、建て替えられたものである。痛恨の極みだが、無粋な鉄筋コンクリートに置き変わらなかっただけ、ましか・・・


[Wetzlar Kornmarkt 5 2009 © DFS All Rights Reserved]________________

壁にかけられた、この色鮮やかな像は、マリア・テレジアの夫である神聖ローマ皇帝フランツ一世(1747-65年在位)であると言われている。しかしこれも複製、オリジナルはLottestr.8-10にあるヴェッツラー市・産業博物館に保管されている。

b0206899_19185082.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 5 2009 © DFS All Rights Reserved]_______

コルンマルクトは、街の中心ドーム広場から、小道を抜けて北東に抜けたところ。急斜面の坂道に広がる広場で、広場の南側は、このように階段とテラスで仕切られている。正面のテラス下部には、次にご紹介する泉の水道設備が通っていたと思われる。

b0206899_19304091.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 2009 © DFS All Rights Reserved]________

北に向かって斜面に沿って縦長に伸びていることもあり、あまり落ち着ける雰囲気ではない。人通りも少なく、いつも静かだ。だが当時は法廷関係者をはじめとする上流階級の住む煌びやかな一等地であったことだろう。(向かって右側がゲーテの住居とローマ皇帝軒です)

b0206899_194097.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 2009 © DFS All Rights Reserved]________
by fachwerkstrasse | 2010-10-23 07:10 | ゲーテの足跡を訪ねて

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-⑥ -

街をぐるっと一周囲んでいた城壁に沿って5つあった城門は、19世紀になって街の拡張とともに城壁の大部分もろとも取り壊されている。それ以外にも大小様々な門があり、少なくとも9つの塔があったが、現在では断片的にその一部の姿をとどめているのみである。

b0206899_20102118.jpg

_______[Wetzlar, Hausergasse 2010 © DFS All Rights Reserved]_______


豚の塔(Säuturm)なるこの塔、中世には仕立て屋の塔(Schneiderturm)と呼ばれていた。
b0206899_20162029.jpg

________[Wetzlar, Turmstr.14 2007 © DFS All Rights Reserved]______

街としては経費節減のために仕立て屋の同業者組合・ギルド(ツンフト)に城壁のこの部分の管理を任せ、街の防衛にあたらせていたのである。

b0206899_1722052.jpg

_______________[Wetzlar, Turmstr.14 2007 © DFS All Rights Reserved]________

b0206899_20212928.jpg



塔の下には、出入り口もみえる。ここを衛兵が見張っていたわけである。

城壁の外には牧場が広がっていたのだが、豚を放牧するのには、この狭い出入り口ではあまりにも不便。そこで1745年にようやっと塔の横に門が取り付けられたという次第。

もっとも、現在は道路を通すために、壁もろとも撤去されている。塔の左下部分に、削り取られた壁の一部がにょきっと顔を出している。





______________________________[Wetzlar, Turmstr.14 2007 © DFS All Rights Reserved]

現在のシンプルなフォームの屋根が取り付けられたのは1914年のこと。ここからかつての城壁跡地に緑地帯として整備されたアヴィニョン公園が眼下に広がり、さらにその向こうにはカールスムントの城址が見渡せる。(写真だと、ちょうど街灯の右上あたり、山のてっぺん)

b0206899_173147100.jpg

________[Wetzlar Turmstr.14 2009 © DFS All Rights Reserved]________

by fachwerkstrasse | 2010-10-22 17:33 | ゲーテの足跡を訪ねて

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-⑤ -

ゲーテが滞在していた当時、この街を囲む形で、まだ中世以来の城壁が残っていた。
従って、こと街の周辺部に関しては当時の面影はあまり残っていない。

かつてはどの街もぐるりを防塁で囲まれ、見張り櫓の着いた城門から街に出入りしていたのである。濠や城壁は、その後ほとんどの大都市で取り壊し埋め立てられ、今では街の中心部を囲む環状道路や緑地帯になっているが、ニュルンベルクやローテンブルクなど、古い街並みを売りにしている街では、今でもその様子を拝むことができる。

(ニュルンベルク北東部に残る城壁)
b0206899_22275177.jpg

________[Nürnberg Maxtormauer 2008 © DFS All Rights Reserved]_______

ヴェッツラーの城壁は1250年から1300年の間に建造されたもので、1,7kmにわたって街の周囲を囲っていた。
b0206899_22264632.jpg

_______[Wetzlar, Hausergasse 2007 © DFS All Rights Reserved]_______

この町は丘の上にあるため、急な坂道が多い。城壁もその急斜面にそって作られているため、場所によっては、このように階段状になっている。

b0206899_22332826.jpg

________[Wetzlar Turmstraße 2009 © DFS All Rights Reserved]_______


一部ではこのように階段を作ってテラス状になっているところもある。こうした地形に合わせるため、壁の高さが場所によっては11mに達する個所もある。
b0206899_435330.jpg

_______[Wetzlar, Hausergasse 2010 © DFS All Rights Reserved]_______

扁平型の拱助には土が詰められ、壁の内側(街の方)には警備用の回廊があり、胸壁と銃眼が備わっていた。
b0206899_131391.jpg

_______[Wetzlar Butzbachergasse 2010 © DFS All Rights Reserved]______
by fachwerkstrasse | 2010-10-21 22:42 | ゲーテの足跡を訪ねて

ドイツ木組みの家街道  -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-④ 

1772年の5月10日に司法修習生としてゲーテはこの町にやってきた。今でも当時と季節感は変わらず、春真っ盛りで、花咲き・・・いい時だ。しかしゲーテにとって、この町での生活は快適とはいえず、彼の目はむしろ街のぐるりの自然の方に向いていた。

街の南側には、なだらかな丘陵地帯と森が広がり、そこを抜けると一面の草原地帯と畑が広がる。春になると一面菜の花が実り、まばゆいばかりだ。自分が一度ここを自転車で通った時には、遥か彼方に乗馬する人をみかけた。ゲーテもきっとこうした風景を同じように馬で駆け巡ったはずだ。 周辺一帯は現在 Naturpark Hochtaunus として自然保護地域に指定されている

b0206899_2232376.jpg

[Schützenstraße zwischen Wetzlar & Weidenhausen 2009 © DFS All Rights Reserved]

「人付き合いはあるが、本当に人と仲良くなったとは言えないね」

「ここのお偉方たちは下々に対して冷たい、まるで仲良くしたらこちらの負けとでもいわんばかりだ」

文学作品の文句と作者を単純に同一視することには慎重でなくてはならないが、おそらくこれはゲーテ自身が目にした光景であり、率直な思いだろう。ゲーテは身分を問わず人々と接した、その最たる例が、もともとはお手伝いとして雇われていた奥さんである。貴族や政治家が庶民と入籍するなど、およそ不可能な時代である。

「人間みな平等なんて言うつもりはないけれど、連中が威厳を保つためにシモジモと距離を取らなくてはならないと考えているとしたら、そんなの敵前逃亡するような臆病者と一緒さ」

(真ん中の赤い建物が、かつての神聖ローマ帝国最高裁)
b0206899_2504039.jpg

_____[Reichskammergericht in Wetzlar 2010 © DFS All Rights Reserved]_____


大都会のライプチヒストラスブールバロック宮殿マンハイムダルムシュタットを見てきた後だ。しかも生まれ育ちは活気あふれる帝国自由都市フランクフルト。それに比べてここは街そのものは小さいくせに、最高裁判所なんぞあるものだから、その狭い中に上流階級だけはきちんと幅をきかせて、社交界のしがらみでがんじがらめになっている。正直「しまった・・」と思ったことだろう。

今でこそ我々は古き良き街並みを見て感激するものだが、そもそもゲーテはあまり街並みなどに関心を示していないことの方が多い。もっぱら自然の観察者なのだ。テューリンゲンの森のスケッチはたくさん残されていて、今でも目にすることができる。
by fachwerkstrasse | 2010-10-19 22:20 | ゲーテの足跡を訪ねて