まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

タグ

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

カテゴリ:次世代の演奏家たち( 6 )

次世代の演奏家 ダーヴィッド・テオドーア・シュミット ②

b0206899_18402674.jpg
フランクフルト中心部から少し北に行ったところにある、ベヒシュタインでのコンサートは、店頭でのイベントながら、ピアノはフルコンサートグランドなので、ちょっと耳が痛かったが、彼の持っている音楽はまごうかたなき、本物だった。


最新のCDとほぼ同じ演目の、メンデルスゾーン、
シューベルト、ブラームスを見事に披露。


実際に間近で観てみたら、写真よりもっと気品が漂っていて、確かにいかにも育ちのよさそうな風貌だけど、でも普通に大学とかにいそうなお兄ちゃん(笑) しかも休憩時間には、トイレで隣同士(笑 ←店内だからね)


_____________________[David Theodor Schmidt © KASSKARA 2006]


アンコールで「これだけの濃いぃ演目の後で、さらにアンコールとなると、選曲がとても難しいのですが・・・」
と、軽く笑いをとりながら、無言歌集よりデュエットを披露。

とりたてて、解釈の面で斬新さを打ち出しているわけではなく、むしろ拍子抜けするほどに真正面から音楽に取り組んでいる。だから、ファジル・サイやカツァリス、シフラなどが好きな人にとっては、おそろしくつまらない音楽だと思う。ドイツ期待の星として大活躍のシュタットフェルトがいるが、彼が斬新さを打ち出して、スタイルとしてはスマートさを打ち出しているのとは好対照だ。



また今年の3月にはテューリンゲン・バッハ週間に登場。b0206899_18454468.jpg

ワイマール城のホールでバッハのパルティータやリストを
披露した。だが、ここではピアノがあまり良い楽器ではなく
豊かな音色の陰影があまり味わえず、少し歯痒い思い。

(だってフルコンサートサイズじゃないでしょ、これ…)

それに、スタインウェイの華麗でメタリックな響きよりも、
ややもすればくぐもった、陰影のあるベヒシュタインの方が
とりわけバッハやドイツの初期ロマン派の演奏には合う。

確かに後半のリストに照準を合わせて
調律していたのかな、と思わなくもなかった。

[Weimar, Festsaal im Stadtschloss 2010 © DFS All Rights Reserved]_________


2011年がリスト年ということもあり、しばらくリストを取り上げていくようだが、彼にはやはり超絶技巧とは違う世界を開拓していってほしいと思う。あれだけの音色でシューベルトを表現できるピアニスト、すなわち単なる演奏家ではなく芸術家としての音楽家は、滅多にいないのだから。そして、彼の芸術にはやはりベヒシュタインが合う。

来年はオーケストラとのツアーに加え、夏の音楽祭への出演、秋には再びベヒシュタインの店舗ツアーをやるようだ。おそらく僕が彼のスタインウェイを聴いて感じたのと、同じ思いなのだろう。やはり相当にベヒシュタインに思い入れがあるようだ。

しかも、節操無くあちこちに出まくるのでもなく、舞台に立つ頻度を考えているようだし、がつがつと売り込むことなく、こうした小規模のツアーによって、じっくりと自分の音楽を追求している姿勢にも好感が持てる。

まだ20代であの円熟度合い。本当に円熟したら、どんな音楽になるのだろう??
b0206899_18474866.jpg

________[Weimar, Stadtschloss 2009 © DFS All Rights Reserved]________
by fachwerkstrasse | 2010-11-26 18:51 | 次世代の演奏家たち

次世代の演奏家 ダーヴィッド・テオドーア・シュミット ①

b0206899_2122491.jpg

次はドイツのDavid Theodor Schmidt。


1982年エアランゲン生まれのバリバリ若手。


いやー、実はこの人を早く紹介したくて、
うずうずしていたくらいだ!



[David Theodor Schmidt 88697431592 © Sony Music Entertainment 2009]______

シュミットを知ったのは、まったくの偶然だった。

ラジオの演奏会中継などでは、2時間枠をとっていても、2時間きっかりで演奏会が終わるわけではないので、たいていは次の番組開始までの「つなぎ」のために、最新の録音を紹介することがある。そんな「時間合わせ」のために流されたブラームスの小品集を聴いて、オヤッと思ったのだ。

ものすごく深みのある音色と、長い息遣い、貫禄すら感じさせる解釈、てっきりどこぞの巨匠の名演かと思ったのだが、それにしては、どうも音質が新しすぎる。はて、一体誰だろう?と、にわかに耳をダンボにしはじめて、最後に演奏者名を聴き逃さないように必死で耳をそばだてていた。この手のつなぎ演目はHPにもアップされないから、聴き逃したらおしまい。

はたして、聴きとった名前をさっそくググってみたら、おぉ!もうホームページもある。
ふむふむ、名前からしてドイツ人だな。そして開いて出てきたのは…


b0206899_2174383.jpg

ふつーに、その辺のサッカークラブにいそうな(笑)
まだあどけなさの残る若者だった。
というわけで、二度びっくり。だって、この若さで、
どうしてこんな、すべてを悟ったかのような円熟みを出せるの???

公式HP

公式HPの試聴コーナー

最新CD(試聴つき)
_____________________[David Theodor Schmidt © KASSKARA 2006]


ちょうどその頃、シュミットは演奏会というよりは、ドイツ全国のベヒシュタインの店舗でのもっと
小規模なサロンコンサートのツアーを行っていた。近々フランクフルトに来るというので、行ってみた。
さぁ、はたして録音でみせる、あの深みは本物かどうか…
by fachwerkstrasse | 2010-11-14 21:13 | 次世代の演奏家たち

次世代の演奏家 フランソワ・シャプラン (続き)

このような作曲家ごとの「響き」の特性に、ここまで徹底して集中している人は、いなかったと思う。

というのは、たいていはピアニスト自身の技巧や音楽性で、作品を征服しようというのが、演奏芸術の基本的な考えであり、特に自分の楽器を持ち運びができないピアノの場合、楽器そのものを工夫して独創的な音楽を作ることは、なかなか難しい。そうなると、頼みの綱はやっぱり技巧と言うことになってしまう。

そんな中でも、自分で調律技術や音響物理学まですべて学び、マイピアノを世界中持ち歩くツィマーマンや、調律法や周波数を変えてフーガの技法の新しいピアノ演奏の可能性を開拓するエマールのような試みもある。しかしここで聴かれる響きは、まったくそれとも異質なものだ。

(ホロヴィッツも自分のピアノを持ち歩いていたが、あれは年老いた体でも超絶技巧が発揮できるように、鍵盤をスカスカにするなど禁じ手とも言える改造を施していて、それでないとあの音が出せなかったからだ)


ところで、最初はあまりの響きの美しさに気を取られていたが、よくよく聴いてみると、実はこの人恐ろしいくらいに感情がこもっていない。

これだけのシンパシーなしに、よくぞここまでショパンを感動的に響かせることができるものだと、むしろあきれるほどだが、その徹底ぶりが、かえってプラスに作用しているのかもしれない。

真に普遍的な深みに達し、作曲家が譜面の裏に隠した感情と一体とでない限り、演奏者がこめる恣意的な「感情」というのは、邪魔にこそなれ決して聴衆を感動させたりはしないからだ。

もちろんエンタテイメントを求める聴衆と、はなからそれを煽るつもりの演奏家という、不幸な組み合わせの場合をのぞくが...

b0206899_21163959.jpg

そのことは、改めてアラウの演奏に立ち返ってみた時に感じたことで、二人とも極度に美しい音色を誇っていながら、その本質がまるで異なることに気づかされた。

だが、通常だとこれで若い方の「浅さ」が目につくものなのだが、シャプランの場合それがない、つまり浅いか深いかの問題ではなく、まったく互角に別の世界を切り開いているのだ。

また、テンポや息遣いなども、禁欲的ともいえる無理のないもので、しかも恣意的なところ、華やかな技巧をひけらかす様子はみじんも感じられない、無理のない演奏だ。

だから演奏効果や技巧を求める人にはお勧めできない。



[Dans le Parc de la Roque d'Anthéron 2010 © FRANCOIS CHAPLIN - 2008/10] ____

公式HPおよびYoutubeにある映像は、ピアノの質が悪いのか録音環境が悪かったのか、音質が非常に悪く、彼の持ち前の響きはごっそりなくなっている。

クレンペラーも真っ青の即物性で(といっても、当時の新即物主義とはもちろん違う。テンポルバートなどはそれ相応にやっております)まるで氷のような冷たさ、しかし太陽に照らされた真冬の氷柱のような輝き。これが50年くらいしたら円熟して恐るべき深みへと到達するのだろうか?それもまた見ものだ。
by fachwerkstrasse | 2010-10-31 21:26 | 次世代の演奏家たち

次世代の演奏家 - フランソワ・シャプラン -

b0206899_22424046.jpg



最初にご紹介するのは、フランスの新進気鋭のピアニスト、シャプラン。





公式HPはこちら





["CHOPIN Ballades, Barcarolle, Berceuse" Septembre 2007 © Arion] ________________


HMVのニュースで興味を持って、ドイツのアマゾンで聴いてみたら、およそこれまで聴いたことのない響きに驚愕した。(試聴機能が充実しているので、これだけでも十分楽しめてしまう。マタイ受難曲だと1トラックあたり1分だとしても、一時間以上持ってしまうので)

(HMVサイト)
ショパン・ノクターン集       ショパン・バラード集       ドビュッシー・ピアノ作品集

(ドイツ・アマゾン(試聴機能付)
ショパン・ノクターン集       ショパン・バラード集       ドビュッシー・ピアノ作品集

(夜想曲は、リリース直後には試聴音源がアップされていたのですが、一時的に(?)消されているようです)

詳細については、HMVの各CDサイトの批評に詳しいので、そちらをご覧いただきたい。
ピアノの響きと楽器の性能について、僕の方からこれ以上書くこと(書けること)はありません…

特にドビュッシーは、作曲家本人が、従来なかった響きを追求しながら、独創的な和声を編み出していった、そのおもしろさを存分に味わえる快演だ。これを聴くと、いかに多くのピアニストが、ピアニストとしての(極論すれば、自己顕示欲から来るアクロバティックな)視点からドビュッシーにアプローチしていたのかを思い知らされる。

ギーゼキングも、おそらく響きに拘っていた人のはずなのだが、録音技術で名高いEMIに録音を残してしまったおかげで、彼の持ち味であった(とされる)豊かな音色がまったく味わえないのが残念。(ただし、最晩年の56年にBBCにライヴ録音した音源は、かなり克明に彼の音色を捉えている)

また、ミケランジェリのような、演奏家個人のカリスマ性による美しさとも違う。徹頭徹尾計算された美しさだ。

ショパンも実は、旋律の豊かさなどについ目が向きがちであるが、実はドビュッシーと同じく「響き」を念頭に置いて、斬新な和声を開拓した人なのだ。そうしたショパンの「響き」を堪能できる貴重な録音だといえるだろう。
by fachwerkstrasse | 2010-10-30 22:50 | 次世代の演奏家たち

次世代の演奏家たち (前置き)②

芸術について論じるのは、個々人の趣味だという意見もあろうが、あえてそれが間違いであると、この場では言わせて頂こう。

誤解のないように言い添えておくと、別に自分の好みが正しくて他人の好みが間違っているとか、そんなことを言っているのではない。いくらなんでも、そこまで傲慢ではない。

そうではなくて、自分の好き嫌いで判別してよいものと、個人の趣味を超越したところにあるものとがあって、後者に対しては自分の価値判断だけでよしあしを判断するのは軽率だと、こういうわけである。

自分はヘヴィ・メタルが大好きだ。プログレも素晴らしいと思うし、さらにモロ自分の好みということになれば、80年代のスペクターサウンド(音の壁)が大好きで、これさえ聴いていれば、他には何もいらないと思ってしまう。G.G. Andersonや岩崎元是なんかツボである。ポップスの中では(メタルもそうだけど)英国モノが好きだ。シンプリーレッドは今年最後のツアーをやると言っているが、残念だなぁ。

しかし、これらを一方では自分はどうでもいいものだと思っている。もしこの世からなくなってしまったら残念だと思うが、一方ではなくなった方が人類のためであるとも思っている。自分にとって大切だが、所詮は自分が好きであるに過ぎない。

個々人の好みを手放しで肯定できないのは、例えばこう考えればわかると思う。

体のことを考えたら、バランスのとれた健康的な食事をとることが大切だ。しかし実際には、野菜が嫌いな人、脂っこいものや甘いものが大好きな人、酒やタバコが好きな人、加工食品ばかり食べている人、と様々だと思う。だが、そんな食生活を続けていると、やがて体を壊してしまう。しかしストレスを感じたら、タバコも吸いたくなるだろう。体を壊しては元も子もないが、人間必ずしも「いいもの」だけでは生活していけないものだ。

精神的な栄養に関しても同じことがいえるのではないか。自分が芸術を貪欲に摂取しようとしているのも、まさに精神の健康のためだ。しかしそうはいっても、まじめな音楽だけでは疲れてしまうので、たまには好きな音楽も聴きたくなる。そんな時には、そんな弱い自分を一方で苦笑しながら、しばしの休息を得るのだ。

個人の趣味を超越した、人類にとっての遺産と言う意味では、所謂「クラシック音楽」(この呼称はかなり問題あるものだと思っているが、目下これにかわる通称が見当たらないのだから、仕方がない}の価値の方がはるかに高い。

そんな中でも大バッハや、それ以前のバロック・ルネサンス、さらには中世から古代にかけての音楽の価値は、19世紀に一般市民を聴衆とするようになった音楽よりも、さらに遥かなる地平を切り拓いている。

もっとも、今我々が耳にすることのできるこれらの音楽が本当にしかるべき姿なのかは、大いに疑問の余地があるが、それでも素晴らしいものであることは十分うかがい知れるのだから。特にバッハ、その時代ごとに様々な姿で我々の前に現前し、バッハについての様々な試行錯誤や葛藤、研究調査は、他の作曲家の場合をはるかにしのぐ豊かな実りをもらたしてくれる。たとえ結果的にそれが間違っていたとしても、だ。

これはもちろん、時代の流れを経て、様々な研究と啓蒙普及活動のおかげで、そのような「規範化」が行われているのではあるが、はたしてプロ・アマ問わず、実際にこれらの音楽に携わっている人達の率直な思いとして、それらが底知れぬ素晴らしさを兼ね備えていること、最初はとっつきにくく理解するのも大変だが、その壁を越えた向こうにある豊饒な世界の存在を確信しているのだ。(かく言う自分も、及ばずながらその一端を垣間見せてもらっていると思っている。そしてまさにそれこそが、芸術に情熱を注ぐ一番の理由ではないか!

だから、人類が獲得した遥かなる崇高な世界、今の時代の所与に留まっていたのでは到達できない高みを目指す第一歩を踏み出す上で、古いものに目を向けるという姿勢はとても大切だと思うのだ。しかし、今の物質的に豊かな時代では、新しいことに専ら価値が置かれている。

だが、例えば数千年間蓄積されてきた文化遺産とここ一年の新しい文化的営みをそれぞれ一覧にしてみた場合、数の上では圧倒的に後者の方が勝るだろう。だが、その重みや重要性はどちらの方がはたして上だろうか。後者のうち、本当に我々に精神的な充足感を与え、知的な議論の題材となり、前者と同じように後世に残っていくものが、はたしてどのくらいあるだろうか。

演奏家に限らず「新しい」ことの最大の落とし穴はここだ。ポップ・カルチャーでは、この「新しい」ことが最大のポイントであったりもするが、時間がたってみないと、それが「新しさ」のみのニセモノだったのか、永遠に残りうるものだったのかは、わからない。

例えば、今のHMを聴くくらいなら、ブラック・サバスさえ聴いていれば、結局それ以降のHMのエッセンスは全てそこにあるし、(影響を及ぼしたとみるか、そこから進化してないとみるべきか…) 洪水のように溢れ出るポップスの新譜に手を伸ばすくらいなら、マディ・ウォーターズエディ・ボイドを聴いている方が、よっぽど充実のひと時を過ごせるというものだ。(デルタ・ブルースまでいくと、さすがに録音が古すぎるしなぁ)

ズバリ言ってしまえば、20世紀の大衆音楽なんて、表現形態が多少変わったくらいで、所詮はみんなロバート・ジョンソンの焼き直しにすぎない。そんな中で、確立されたものと新しさと、人気とは必ずしも一致しない職人的な演奏能力の高さと、大衆的人気のバランスを最良の形で体現している、おそらく最後の存在がアイアン・メイデンだと思う。(もちろん、大衆音楽という枠内での話)

b0206899_160476.jpg

___[Ludwigshafen, Südwest-Stadion, 8 Jun 2007 © DFS All Rights Reserved]____

考えてみれば「古典」として定着しているものも、同時代の「新しい」ものとせめぎ合って来た中で生き残ってきたものなのだ。だから新しいものにとびつくよりも、古いものの評価を信じて選択した方が、当たる確率は大きい。

そして、人間が芸術に接する目的とは、その普遍なるものに如何に近づけるか、そのためのいわばトレーニングのようなものであると考えている。アーノンクールが言うように、我々の「目を開かせる」ためであり、単なる癒しやリラックスのための娯楽ではないのである。

b0206899_1621856.jpg

_______[Stuttgart Staatstheater 2009 © DFS All Rights Reserved]_______

以上を踏まえて、自分が演奏家について判断する基準は以下のとおりである。

① 演奏家が「王様」になっていないこと。演奏家は作品に対する「しもべ」であり、演奏家が自分を誇示するために演奏をすることはならない
② 伝統にあぐらをかいていないこと

一口に「楽譜に忠実」といっても、作品の解釈は日進月歩。特に20世紀後半から楽譜の校訂が進み、出来る限り作曲者の本来の意図を反映できるように、様々な調査研究が行われている。当然昔の演奏を聴く際には、その辺は割引いて評価する必要があるが、たとえ演奏家として評価を築いた人であっても、このような研究の動向には注意を向けておくべきである。

20世紀中ごろまでは「演奏」において一つの伝統が確立されてきていた。演奏家が絶大な権力を誇っていた時代には、それでもよかったのだが、現在ではできるだけそうした埃を取り払った、中立的な演奏が試みられている。それの善しあしはさておくとして、現代のそのような潮流にあっても、いやむしろかえってそのために、非常に個性的な刺激的な演奏家が出てきているのである。特にこういった人達をとりあげていきたい。
by fachwerkstrasse | 2010-10-18 16:02 | 次世代の演奏家たち

次世代の演奏家たち (前置き)

次世代の演奏家たち、のカテゴリを新規に開設しました。

ゲーテとヴェッツラーについて、まだ筆が進まないので 同じテーマが続いても退屈でしょうから、こうして時折違うテーマが続くこともあります。カテゴリではきちんと分類していますので、そちらでご覧いただければ順番通りになっている(やってゆく)はず。。。

いかに自分の関心(とブログで取り扱うテーマ)が古いものに向かっているからといって、演奏芸術である音楽の場合は、最新情報にも注意を払わなくてはならない。

20世紀は「巨匠」の時代だった。古い録音からも伝わってくる強烈で未曾有の個性の持ち主たちが数々の伝説を作った。そうした時代を懐かしむのは良いが「あんな時代はもう二度と来ない」などと言って今の時代に目をそむけてしまうのは、あまりにもったいない。確かに19世紀的な、演奏家が絶大な権力をふるった前時代的な演奏を今の人達に期待するのは無茶な話だし、そうした解釈をもし現代において披露すれば、それは確かに「間違い」なのだ。その意味で、100年前と比べたらはるかに今の演奏は即物的であるといえるだろう。

しかし、グールドのように聴衆と同じ空間でのコミュニケーションを拒否したような極端な例も、もちろん議論の対象にはなるのだが、やはり音楽は生で聴くものだと思うし、作品そのものも、また演奏家の実力も、同じ空間を共有しないことには伝わってこないと思う。経験上、生でのみ、おそるべき「何か」を聴衆に伝えるマエストロがいることも知っている。(この手のものは、読書感想文などと違って、現物を示すことができないため、同じ空間で共有できなかった人には「はい、そうですか」と素直に納得して頂く他ない)

(ドイツ期待の若手ピアニスト、シュミットのワイマールでの演奏会の休憩時間にて。ただし、このスタインウェイはあんまり状態がよくなかった。そもそも彼にはベヒシュタイン方が合っているのに…)
b0206899_23131491.jpg

____[Weimar, Festsaal im Stadtschloss 2010 © DFS All Rights Reserved]_____

このカテゴリでは、そんな次の世代を担って頂く大切な芸術家の方々を取り上げていきたいと思う。
演奏家を論じるのも、ただ単に個人的な印象で判断するだけではだめで、演奏というものがどのように移ろいできたのか、彼らが提示する解釈には、今のこの時代にどのような意味をもちうるのか、それを考察しなくてはならない。またそれと同時に、表面的な解釈や技術で正しい判断基準を持ち合わせていない大衆の人気をかっさらい、単なる金稼ぎのみで成功している、はったりの演奏家も喝破してゆかねばならない。
by fachwerkstrasse | 2010-10-09 23:19 | 次世代の演奏家たち