まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

お気に入りブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

人気ジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

カテゴリ:ゲーテの足跡を訪ねて( 7 )

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-⑳ -

b0206899_1941394.jpg
実は、鍛冶屋横町の1番地はかつて、ゲーテの母方の祖母の一番年下の妹、つまり大叔母にあたる枢密顧問官ランゲ女史(Susanne Maria Cornelia Lange、旧姓Lindheimer)の住まいだった。

こちらの記事でも触れた通り、フランクフルトから単身やってきた司法修習生ゲーテが、最高裁の法曹関係者たちの住まいが並ぶ穀物広場の一角に住むことができたのも、この大叔母の取りなしだった。

当然そこからさらに、最高裁に集う法律家たちとのコネを築くチャンスもあったはずなのだが、ゲーテ本人にはもはやどうでもよくなっていた。

逆にこの大叔母から紹介されたドイツ騎士団の官吏であるBuff家との仲は、どんどん深まってゆく。そしてそれが、後のあの名作への布石となるのだ。


______________[Wetzlar Schmiedgasse 1 2009 © DFS All Rights Reserved]


このように、ゲーテの住居があったコルンマルクトを一周して分かったことは、まず何と言っても、ゲーテが司法修習を行うに当たって、最高裁のあるこの街の一等地に住んでいたということ。家柄も財産やコネといった後ろ盾も教養も兼ね備え、言うことなしのはずだった。

しかし法曹界の実態に失望したゲーテは、仕事を放棄し、周りの社交界も無視、内面の声に従って自然を愛し、素朴な民衆の生活を愛し、そして人を愛した。恵まれた状況と本人の内面で起こった葛藤とその悲劇性のギャップが浮かび上がる。

b0206899_19455818.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 2010 © DFS All Rights Reserved]_________

時代を問わず、常人にはおよそ理解しがたい、はたから見ればひどく滑稽に写るであろう、その極端な情熱と誠実さ。だがこの焼けつくような苦しみに耐えきれなかったゲーテは、文筆という手段で救いの道を見出し、書き手はそれによって現実を生き抜いたが、小説の主人公は自ら命を絶つこととなる。

このように、実際に書き手=小説の主人公がいた空間に思いを巡らせることで、逆にこの小説全体を貫く、平常の人間社会の営みに溶け込むことのできない主人公の異常性が浮かび上がるのである。
by fachwerkstrasse | 2011-01-19 19:38 | ゲーテの足跡を訪ねて

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-⑪ -

b0206899_23485078.jpg

ヘッセン州の古都ヴェッツラーの散策にあたって、まずゲーテの住居があった穀物広場を見て廻っているが、前回は2番地の建物の歴史を振り返った。


この向かいの7番地の建物にゲーテがいた当時、広場の奥の2番地の方は法廷関係者の住まいであった。


つまりゲーテがここで滞在していた身の回りの環境というのは、だいたい次のような様子ではなかっただろうか。


まず自分の居住空間に検察官の一家もいて、隣はにぎやかな社交場、そして広場の向こう側にも法廷関係者たちの住まいがあったわけだ。




[Wetzlar Kornmarkt 7 2009 © DFS All Rights Reserved]_______________

b0206899_23492294.jpg

しかし当時の帝国最高裁は慢性的財政赤字を抱えており、人材不足にも悩まされていた。

訴訟を起こしても死ぬまでには到底終わらず、未決着の訴状の山が積もり積もる有様。

司法修習生ゲーテ氏はすぐに見切りをつけて、友人たちとのおしゃべりや近郊の村や森での現実逃避、挙句の果てには婚約者のいる女性にうつつを抜かす…という生活だったわけで、

そんな体たらくの司法修習生が、こんな狭い街で噂にならないわけがない。

さぞかし窮屈な思いだったのではないだろうか。

_______________[Wetzlar Fischmarkt 13 2009 © DFS All Rights Reserved]


詩人としての自覚に目覚め、自然を何よりも愛するこの若き「法律家」は、しかし洗練された社交界、市民としてのしきたりや束縛に縛られたお行儀のよい通り一辺倒の生活に甘んじることはできなかった。もっとも、実際の生活習慣は律義で几帳面な伝統的市民階級のものに他ならなかったが、一方で芸術家としての抗いがたい衝動も内面には巣食っていて、この両者の激しい鬩ぎ合いを超克するのにゲーテは一生苦労した。

小説の主人公は到着して2週間後の手紙で次のように述べている。

「いやぁ本当にいい人達だ!時には我を忘れて、きれいに整えられた食卓を囲んで、すっかり打ち解けてみんなで一緒に思う存分楽しんだり、ちょっとそこまで馬車で繰り出したり、踊ったりと。そうすると本当に気分がすかっとするんだよ。でも思いもよらないことに僕の中には、まだ何か別の力が潜んでいるんだ。放っておけば何てことはないから、そっと隠しておかなくてはね。なんとも窮屈な思いだけど、でも、誤解されるのは僕らの様な人間の定めなのさ!」

件の小説の中で、この不思議な力は、人目を憚らずに爆発し、自暴自棄になって自らを狂乱状態に陥れ、最後はあの悲劇的な結末に至るのである。こうした衝動は作者本人のものであっただろうが、筆をとって自らに降りかかった現実の悲劇と言い知れぬ衝動を作品に昇華させたことで危機から脱したのである。

(街の南側に位置するシュトッペルベルク山にまで、ゲーテはよく足を延ばしていた。秋の風景)
b0206899_23502754.jpg

______[Wetzlar Volpertshäuserstraße 2010 © DFS All Rights Reserved]____


そもそも大学を出たての若きゲーテが、現役の法曹が住んでいるこのような一等地に住めたのも、同じ広場の一角に住んでいた母方のおばが取り成してくれたからなのだが(母方の祖父はフランクフルト市長を務めた名士。そりゃあちこちに顔が効いたことだろう)にも関わらず(いや、だからこそ?)目の前の近しい世界、自らの本分に直結する人間関係を素通りして街の外へ出かけて思索にふける、というのはやはりよほどのことなのだろう。ゲーテはこの後、銀行家の令嬢との婚約も破棄することになるが、やはり決まり事やしがらみの多いブルジョワ社会に収まれるような気質ではなかったのである。

急な坂道の狭い街路に、歩行者や馬車や郵便馬車、そして上流階級までもがひしめく、この窮屈な帝国都市の中で、当時ゲーテは何を思ったのだろうか。
by fachwerkstrasse | 2010-11-02 23:56 | ゲーテの足跡を訪ねて

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-⑦ -

では、この町でゲーテはどんな所に住んでいたのであろうか。

b0206899_650190.jpg

_______[Wetzlar Kornmarkt 5-7 2009 © DFS All Rights Reserved]_______

ゲーテが住んでいたのは、コルンマルクト(Kornmarkt=穀物市場)と呼ばれる広場に面した、
7番地にあたる右側の青い建物である。

b0206899_1837366.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 7 2009 © DFS All Rights Reserved]______

b0206899_18412695.jpg



ゲーテが間借りしていたのは、最高裁の検察官(Prokutrator)であったゲオルク・ヴィルヘルム・フォン・ルードルフの家の3階の一室。隣には、ライプチヒ時代の知人ヨハン・ハインリヒ・フォン・ボルンも住んでいた。

ただし、こちらの記念プレートにもあるように、1976年に取り壊され、翌77年に建て直されたものである。よりにもよって、こんな建物をつぶすなんて・・・!!



________________[Wetzlar Kornmarkt 7 2009 © DFS All Rights Reserved]

b0206899_18473591.jpg
左のバロック様式の建物があるのは5番地。

ここの料亭「ローマ皇帝軒 Zum Römischen Kaiser」は、劇場とダンスホールも併設しており、この町の上流階級の社交場であった。

建てられたのは1767年で、つまりゲーテがいた頃にはひときわ目を引くモダン建築であったというわけだ。

こちらも1976年に取り壊されていて、現在の建物は、18世紀以前から残る地下部分を除き、建て替えられたものである。痛恨の極みだが、無粋な鉄筋コンクリートに置き変わらなかっただけ、ましか・・・


[Wetzlar Kornmarkt 5 2009 © DFS All Rights Reserved]________________

壁にかけられた、この色鮮やかな像は、マリア・テレジアの夫である神聖ローマ皇帝フランツ一世(1747-65年在位)であると言われている。しかしこれも複製、オリジナルはLottestr.8-10にあるヴェッツラー市・産業博物館に保管されている。

b0206899_19185082.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 5 2009 © DFS All Rights Reserved]_______

コルンマルクトは、街の中心ドーム広場から、小道を抜けて北東に抜けたところ。急斜面の坂道に広がる広場で、広場の南側は、このように階段とテラスで仕切られている。正面のテラス下部には、次にご紹介する泉の水道設備が通っていたと思われる。

b0206899_19304091.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 2009 © DFS All Rights Reserved]________

北に向かって斜面に沿って縦長に伸びていることもあり、あまり落ち着ける雰囲気ではない。人通りも少なく、いつも静かだ。だが当時は法廷関係者をはじめとする上流階級の住む煌びやかな一等地であったことだろう。(向かって右側がゲーテの住居とローマ皇帝軒です)

b0206899_194097.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 2009 © DFS All Rights Reserved]________
by fachwerkstrasse | 2010-10-23 07:10 | ゲーテの足跡を訪ねて

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-⑥ -

街をぐるっと一周囲んでいた城壁に沿って5つあった城門は、19世紀になって街の拡張とともに城壁の大部分もろとも取り壊されている。それ以外にも大小様々な門があり、少なくとも9つの塔があったが、現在では断片的にその一部の姿をとどめているのみである。

b0206899_20102118.jpg

_______[Wetzlar, Hausergasse 2010 © DFS All Rights Reserved]_______


豚の塔(Säuturm)なるこの塔、中世には仕立て屋の塔(Schneiderturm)と呼ばれていた。
b0206899_20162029.jpg

________[Wetzlar, Turmstr.14 2007 © DFS All Rights Reserved]______

街としては経費節減のために仕立て屋の同業者組合・ギルド(ツンフト)に城壁のこの部分の管理を任せ、街の防衛にあたらせていたのである。

b0206899_1722052.jpg

_______________[Wetzlar, Turmstr.14 2007 © DFS All Rights Reserved]________

b0206899_20212928.jpg



塔の下には、出入り口もみえる。ここを衛兵が見張っていたわけである。

城壁の外には牧場が広がっていたのだが、豚を放牧するのには、この狭い出入り口ではあまりにも不便。そこで1745年にようやっと塔の横に門が取り付けられたという次第。

もっとも、現在は道路を通すために、壁もろとも撤去されている。塔の左下部分に、削り取られた壁の一部がにょきっと顔を出している。





______________________________[Wetzlar, Turmstr.14 2007 © DFS All Rights Reserved]

現在のシンプルなフォームの屋根が取り付けられたのは1914年のこと。ここからかつての城壁跡地に緑地帯として整備されたアヴィニョン公園が眼下に広がり、さらにその向こうにはカールスムントの城址が見渡せる。(写真だと、ちょうど街灯の右上あたり、山のてっぺん)

b0206899_173147100.jpg

________[Wetzlar Turmstr.14 2009 © DFS All Rights Reserved]________

by fachwerkstrasse | 2010-10-22 17:33 | ゲーテの足跡を訪ねて

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-⑤ -

ゲーテが滞在していた当時、この街を囲む形で、まだ中世以来の城壁が残っていた。
従って、こと街の周辺部に関しては当時の面影はあまり残っていない。

かつてはどの街もぐるりを防塁で囲まれ、見張り櫓の着いた城門から街に出入りしていたのである。濠や城壁は、その後ほとんどの大都市で取り壊し埋め立てられ、今では街の中心部を囲む環状道路や緑地帯になっているが、ニュルンベルクやローテンブルクなど、古い街並みを売りにしている街では、今でもその様子を拝むことができる。

(ニュルンベルク北東部に残る城壁)
b0206899_22275177.jpg

________[Nürnberg Maxtormauer 2008 © DFS All Rights Reserved]_______

ヴェッツラーの城壁は1250年から1300年の間に建造されたもので、1,7kmにわたって街の周囲を囲っていた。
b0206899_22264632.jpg

_______[Wetzlar, Hausergasse 2007 © DFS All Rights Reserved]_______

この町は丘の上にあるため、急な坂道が多い。城壁もその急斜面にそって作られているため、場所によっては、このように階段状になっている。

b0206899_22332826.jpg

________[Wetzlar Turmstraße 2009 © DFS All Rights Reserved]_______


一部ではこのように階段を作ってテラス状になっているところもある。こうした地形に合わせるため、壁の高さが場所によっては11mに達する個所もある。
b0206899_435330.jpg

_______[Wetzlar, Hausergasse 2010 © DFS All Rights Reserved]_______

扁平型の拱助には土が詰められ、壁の内側(街の方)には警備用の回廊があり、胸壁と銃眼が備わっていた。
b0206899_131391.jpg

_______[Wetzlar Butzbachergasse 2010 © DFS All Rights Reserved]______
by fachwerkstrasse | 2010-10-21 22:42 | ゲーテの足跡を訪ねて

ドイツ木組みの家街道  -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-④ 

1772年の5月10日に司法修習生としてゲーテはこの町にやってきた。今でも当時と季節感は変わらず、春真っ盛りで、花咲き・・・いい時だ。しかしゲーテにとって、この町での生活は快適とはいえず、彼の目はむしろ街のぐるりの自然の方に向いていた。

街の南側には、なだらかな丘陵地帯と森が広がり、そこを抜けると一面の草原地帯と畑が広がる。春になると一面菜の花が実り、まばゆいばかりだ。自分が一度ここを自転車で通った時には、遥か彼方に乗馬する人をみかけた。ゲーテもきっとこうした風景を同じように馬で駆け巡ったはずだ。 周辺一帯は現在 Naturpark Hochtaunus として自然保護地域に指定されている

b0206899_2232376.jpg

[Schützenstraße zwischen Wetzlar & Weidenhausen 2009 © DFS All Rights Reserved]

「人付き合いはあるが、本当に人と仲良くなったとは言えないね」

「ここのお偉方たちは下々に対して冷たい、まるで仲良くしたらこちらの負けとでもいわんばかりだ」

文学作品の文句と作者を単純に同一視することには慎重でなくてはならないが、おそらくこれはゲーテ自身が目にした光景であり、率直な思いだろう。ゲーテは身分を問わず人々と接した、その最たる例が、もともとはお手伝いとして雇われていた奥さんである。貴族や政治家が庶民と入籍するなど、およそ不可能な時代である。

「人間みな平等なんて言うつもりはないけれど、連中が威厳を保つためにシモジモと距離を取らなくてはならないと考えているとしたら、そんなの敵前逃亡するような臆病者と一緒さ」

(真ん中の赤い建物が、かつての神聖ローマ帝国最高裁)
b0206899_2504039.jpg

_____[Reichskammergericht in Wetzlar 2010 © DFS All Rights Reserved]_____


大都会のライプチヒストラスブールバロック宮殿マンハイムダルムシュタットを見てきた後だ。しかも生まれ育ちは活気あふれる帝国自由都市フランクフルト。それに比べてここは街そのものは小さいくせに、最高裁判所なんぞあるものだから、その狭い中に上流階級だけはきちんと幅をきかせて、社交界のしがらみでがんじがらめになっている。正直「しまった・・」と思ったことだろう。

今でこそ我々は古き良き街並みを見て感激するものだが、そもそもゲーテはあまり街並みなどに関心を示していないことの方が多い。もっぱら自然の観察者なのだ。テューリンゲンの森のスケッチはたくさん残されていて、今でも目にすることができる。
by fachwerkstrasse | 2010-10-19 22:20 | ゲーテの足跡を訪ねて

ゲーテの足跡を訪ねて -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-③ -

ここからは、これから順次執筆予定の「ゲーテの足跡を訪ねて」のカテゴリで進めていきます。
街の前史に関しては、木組み街道カテゴリ収録のをご覧ください。

ストラスブール大学の法学部を無事に卒業したゲーテ。だが学位はLizenziat(=ライセンス、要するに職業資格で、学位制度上は今日の修士号にだいたい相当する位置づけ)といって、当時の一般的な大卒学位であった博士号は取得できなかった。立法制度について論じた学位請求論文に教会制度を攻撃する内容が盛り込まれていたことが問題視されたのである。

件の論文自体は消失しているが、疾風怒濤前のゲーテのこととて、おそらくほとばしるように、ひょっとしたら学術論文の「お約束」をも無視しながらラテン語の卒業論文を熱く書きあげたのではないだろうか。だが、そんな論文で博士号を授与したら、大学当局までもが連帯責任で宗教権威への反旗を翻したも同然となる。スキャンダルになることを恐れた教授会は、弁護士として開業はしてもいいよ、という職業資格を授与することで、なんとかお茶を濁したわけだ。

(ストラスブール大聖堂に感銘を受けたゲーテは、この「ゴシック建築」を「偉大なるドイツ精神の体現」だとした。これがのちのロマン主義におけるゴシック再評価につながり、ケルン大聖堂はその流れを受けて19世紀に完成された。)
b0206899_064270.jpg

_______[das Straßburger Münster 2009 © DFS All Rights Reserved]______

病気でライプチヒでの大学生活を中断したゲーテが、フランクフルトの実家で療養中に母の友人であったクレッテンベルクという修道女から、敬虔主義の感化を受ける。同時に神秘思想や錬金術にも触れ、これが後のファウストへの足がかりとなる。この頃にゲーテの宗教観が形成されていったと考えられる。それは既存の組織や慣習といった形にとらわれるのではない、人間の感情や自然をありのままに肯定し、直接的な「神」の体験ないしは神秘的合一を目指すものである。当然ながらこれは教会の存在やその権威を否定することになるので異端であり、当時でもまだまだ危険な考えであった。実際ゲーテはスピノザも研究するが、そのことを大っぴらに言うことはまだできなかったという。

ヴェッツラーに限らず、古いドイツの街中をほんの10分でも散策すれば、市街地の中心をなす大聖堂はいやでも目につく。しかし後にこの町を世界的に有名にしてしまった半自叙伝的小説の中で、自然描写が情熱的かつ詳細になされているのに比して、堂々とそびえるあの大聖堂には一言も触れられていない。すでにこの時点で教会権威に反感を持っていた若きゲーテの、汎神論的な世界観ゆえとみて、まずよいだろう。

(冬のヴェッツラー。ラーン川沿いの丘の上に街が築かれ、大聖堂がてっぺんに聳える)
b0206899_2357138.jpg

______[Wetzlar, Dom und Altstadt 2009 © DFS All Rights Reserved]______

フランクフルトに戻って弁護士として開業したゲーテだが、仕事はまったくやる気なし。訴状をこしらえ法廷弁論を行っても、当時の慣習からはおよそかけ離れたものばかりで、仕事にならない。見かねた父親が代わりに仕事を引き受ける有様だが、それをいいことに息子は文筆思索にふける毎日。

父親はギーセン大学を卒業した同じく弁護士で、几帳面に黙々と仕事をこなす典型的なドイツ的職業人であったらしいが、後にワイマールで息子が任官されるようになっても仕送りをしていたらしいから、やはり息子がかわいくて仕方がなかったのだろう。しかし文化史的にはこれほど意義ある将来投資は例を見なかったといえる。ゲーテ家の息子は「鉄腕ゲッツ」の物語を一気呵成に書きあげ、戯曲として推敲し、2年後に自費出版。従来の演劇観を打ち破る画期的な作品として瞬く間に評判となり、時代的にはこれを持って「疾風怒濤」の時代に入ることになる。

仕事に身が入らない息子を見かねて、父親はヴェッツラーにある神聖ローマ帝国の最高裁判所にあたる帝国最高法院(Reichskammergericht)での司法修習(職業訓練)に息子を送り込む。しかし、よもやそれがさらなる「文学的」進歩を促すことになろうとは、その時誰が予想しえただろうか…。
by fachwerkstrasse | 2010-10-07 23:50 | ゲーテの足跡を訪ねて