まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

カテゴリ:ドイツ木組みの家街道( 16 )

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-⑩ -

まずは泉のあるテラスから広場の奥を眺めてみよう。写真左手のパステル調の建物から。

b0206899_2172149.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 2 2007 © DFS All Rights Reserved]_______

この穀物広場周辺には遅くとも中世後期には今のように建物が並んでいたらしく、この2番地にも1338年に「鏡家=Spiegel」と呼ばれる家があったことが確認されているが、遅くとも1687年の大火災で焼失している。そして現在の建物が建てられたのは1700年のこと。

ここには18-19世紀にかけて、最高裁の関係者が入れ替わり立ち替わり住んでいた。

その後、この建物は1811年にはとある地元の一家の持ち家となり、1892年にはプロテスタント系の徒弟組合に売却された。伝統的な徒弟制度のもとで、一人前の職人を目指す若者たちは、各地の親方のもとを転々としていたわけだが、そのような遍歴の徒弟たちに宿を提供していたのである。

(蛇足ながら「冬の旅」や「美しき水車小屋の娘」で歌われているのも、まさにこのような遍歴の途上における孤独と絶望の世界である)

売却時には大規模な改装も行われ、門のアーチが、建物の左側から現在の真ん中に移され、玄関部分も改造された。それに合わせてアーチの左側の部分の壁も新たに築かれた。第二次大戦時には建物が被害を受けている。1961年には市の所有となった。

7本の軸組構造による木造建築で、スレート吹きの切妻屋根の上の4階にあたる部分、写真でもわかる通り三角形の切妻部分に屋根裏部屋がしつらえてある。平入り4階建て(ドイツ風に言うと3階建て)の木組み建築だが、漆喰塗の壁なので木材の骨組み部分は外からは見えない。

広場に面した漆喰塗りのファサード部分は各階ごとに段がつけられ、穀物広場の景観を美しく彩っている。
by fachwerkstrasse | 2010-10-28 21:09 | ドイツ木組みの家街道

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-⑨ -

b0206899_1662516.jpg



こちらが、この町で現存する最古の木組み建築。


ドーム広場から帝国最高裁の前を通り、さらに東へアイゼンマルクトの方につながるブロートシルムという小道にある。


建築年代は1356年。


典型的な中世の木組み建築様式である。


この建物については、後日詳しく述べることにする。



[Wetzlar Brodschirm 6 2010 © DFS All Rights Reserved]______________

しかしこの町は17世紀後半に大火事に見舞われていて、その時にかなりの建物が焼失している。
その後に建てられた建物は石造りやバロっク様式の建物ということになる。
その意味でも、16世紀以前のこうした現存する木造家屋は貴重なものなのだ。

したがって、例のペテン師の時代に、すでにこのコルンマルクトにはだいたい今と同じように周囲を建物に囲まれ、文字通り穀物のやりとりが行われ、人々が行き来していたとは思うのだが、写真も絵もないため、そこは乏しい想像力に委ねる他ない。

すでにご紹介した通り、かなりの建物が火事による消失や増改築を経ていて、ゲーテのいた頃をはさんでなお、街並みはそれなりに変化しているはずだ。

そうしたことを踏まえ、これから数回に渡って、もう少しこの「穀物市場」の建物をみてみよう。

b0206899_16104979.jpg

_________[Wetzlar Kornmarkt 2007 © DFS All Rights Reserved]_______
by fachwerkstrasse | 2010-10-27 16:12 | ドイツ木組みの家街道

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-⑧ -

コルンマルクトの南側のテラスには泉がある。

すでに1341年には文献でその存在が確認されている。街の近くのカイザースグルントと呼ばれる谷間の源泉から水道を引いていたようだ。後で詳述するドーム(大聖堂)広場やアイゼンマルクト(鉄市場)の泉と合わせて、市内の重要な水汲み場であった。

19世紀になるとカイザースグルントからの水だけではこれらの泉すべての水を賄えなくなり、新たな水道設備が敷設され、従来からの泉はその役割を終えた。

ここの泉の下部は15枚の板から成る桶でできていて、その真ん中には柱頭とガーゴイルのついた柱が据え付けられている。その上には帝国の紋章である王冠を頂いた鷲がそびえている。この王冠は皇帝ルドルフ2世の治世に鋳造され18-19世紀にはハプスブルク家の王冠として用いられていたものだ。

(手前の柵のすぐ向こう側、2件の木組みの家のちょうど間に泉がみえる)

b0206899_7383142.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 2009 © DFS All Rights Reserved]________

ちなみに、そのカイザースグルントと呼ばれる谷間には、フリードリヒ2世の名を語った自称皇帝、ティーレ・コルプの記念碑がある。

このペテン師は、はじめデュッセルドルフ近郊のノイスでなんと宮廷を構え、貴族を従えて皇帝の名で書類を出したりもしていたらしい。

1285年にヴェッツラーに移ってきたのだが、ハプスブルク家のルドルフ王がヴェッツラーの付近で宿営した折に、市民によって捉えられ王に突き出され、同年の7月7日に異端者として火刑に処せられた。

b0206899_7261650.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 2009 © DFS All Rights Reserved]________

当時はこの世の終末に際して所謂「平和の皇帝 Friedenskaiser」が復活するという一種の救世主伝説が広まっていた。

もともとは古代ローマに端を発するものだが、こと中世ドイツとなると、その死後もキフホイザー山に身を潜めて、ドイツ危機の折に再び蘇るという、赤髭バルバロッサ王の復活伝説に便乗したペテン師が当時は他にもいたらしい。

考えてもみれば新聞もテレビもない時代。グーテンベルクが活版印刷術を開発するのは、200年ほど後のことだ。先立つものさえあれば、意外と簡単に人々をその気にさせることはできたのかも。(どこから資金を調達していたのかは謎らしいが) しかもその皇帝復活の民間信仰は、蘇った皇帝は民より現るという風に形を変えていたからなおさらだ。

(写真の右手、行き先案内表示の足元に泉が見える)

b0206899_7293151.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 2010 © DFS All Rights Reserved]________
by fachwerkstrasse | 2010-10-26 07:43 | ドイツ木組みの家街道

ドイツ木組みの家街道  -帝国高等法院の街 ヴェッツラ- ② 

石器時代から人間が定住していた痕跡が見られるが、現在に連なるヨーロッパ都市としての歴史はカロリング朝の時代にさかのぼる。Wetzlarの語尾-larは、ゴスラーやフリッツラーなどと同様、ケルト人が3世紀ごろまでに定住していたことを示唆するものだ。また古フランク語の(hlar/hlari)で柵、足場、骨組みを意味するものでもあるらしい。

832年にインゴルトという人物がロルシュ修道院に寄進をしたとロルシュ写本の年代記に記されているのが、最初の記録である。市(マルクト)の開催権が付与された年月は特定されていないものの、現在の大聖堂広場の周りで定期的に市が開催されるようになり、祝祭日ともなると教会関係者や商人、手工業者がここに集うようになる。12世紀後半からは帝国都市としてフランクフルトに次いで、ヘッセン地域で重要な位置を占めるようになった。
b0206899_8184726.jpg

________[Der Wetzlarer Dom 2007 © DFS All Rights Reserved]________

皇帝フリードリヒ1世(赤髭バルバロッサ)は、この都市に伯爵(Vogt)を置き、フランクフルトと同様の市民権を付与した。「カールの口 Karlsmund」と呼ばれる巨大な防塁が郊外の山上に築かれ、今でも遺跡として残っている。

その後街は一時衰退するものの、17世紀後半にファルツ継承戦争で荒廃したシュパイヤーから神聖ローマ帝国の最高裁判所にあたる、帝国最高法院(Reichskammergericht)が移転してきたことで、再び繁栄。法律家や貴族などの上流階級が移り住んで街はにわかに活気を帯び、バロックやロココ様式で彩られるようになる。これが現在の街並みに直結している。
b0206899_864231.jpg

b0206899_8145159.jpg

_______[Der Wetzlarer Domplatz 2009 © DFS All Rights Reserved]_______

19世紀後半からは工業も発達し、今日に至るまでヘッセン州中部の重要な産業拠点となっている。ただ、それが災いして、第二次大戦時にはこの街も空襲の標的となった。だが幸いにして、旧市街では大聖堂が大きな損傷を受けたものの、街並み全体を損なうほどの被害はなかった。しかし、旧市街の中心部には、明らかに60年代ごろに建てられたと思われる鉄筋コンクリートのアパートなどが散見される。古い街並みへの意識が80年代以降にも芽生えてなければ、そのままこの古い街並みは損なわれていたかもしれないのだ。

なお戦後の市町村合併で小話がひとつ。77年に隣のギーセンや周辺の村落と合わせStadt Lahn(ラーン市)としてヴェッツラーは一つの巨大な街に統合された。しかしわずか二年でこの合併プロジェクトはとん挫、結局もとのギーセン・ヴェッツラー、そしてそれぞれの街ごとに周辺地域を含む二つの大規模都市群に分割された。

だが何と言ってもこの町の名を世界に知らしめているのは、あの文学史上に燦然と輝く大ベストセラーである。
by fachwerkstrasse | 2010-10-05 23:49 | ドイツ木組みの家街道

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-① -

最初にご紹介するのは、フランクフルトの北約100キロに位置するヴェッツラーの街。ここは僕にとってもいろいろな意味でとても重要な街だ。個人的な思い入れの強い街ということだと世界一かもしれない。

交通アクセス:★★★★☆ フランクフルトから直通のDillenburg行RE、あるいはKasselを通るRE/ICでギーセン乗り換えで一時間ほど。駅から旧市街へは徒歩15分、駅前ターミナルからバスで5分ほど。ただし、どのバスが旧市街の付近を通るのかは、事前に調べておかないと少し分かりにくい。また旧市街の中をミニバスが運行している。

木組み度:★★★☆☆ 街全体としては古い街並みがよく残っている方ではありますが、鉄筋コンクリートもチラホラと見受けられます。また近世以降のバロック建築もほどよく混ざっています。あとは木組みの表面を蓋した建物も…

所要時間:旧市街をざっとまわるだけなら1時間程度。博物館などを巡るにはさらに3時間ほど。ここで紹介する歴史的な建造物(要するに旧市街全域)をすべて見て回るには、さらに数時間。郊外の森も含めると一泊は必要になる。さらに近郊のゲーテ関連の見所もまわるには、事前にスケジュール調整の上、2泊は必要になるだろう。旧市街は坂道が多く、地図で観るよりも、実際の徒歩の移動は骨が折れるので要注意。

小さな街ですが、実はゲーテ以外にもお宝がごろごろ転がっている街で、すべて見ようと思ったらかなりの時間がかかります。最初は地味な印象を受けるかもしれませんが、探求すればするほど、味のある街だというのが実感です。

観光地度:★★★☆☆ ゲーテ関連で観光地としての整備はされていますが、実際には地元の人がのんびりと散策している静かな町です。

必見!:あえて申すまでもないでしょう、ドイツ文学ファンには…


ここはかつての神聖ローマ帝国の最高裁判所に当たる帝国最高法院(Reichskammergericht)が置かれていた場所だ。そして18世紀の後半、法律家の学位を取得したばかりの、ある若い男が司法修習のためフランクフルトからやってきた。今日この町が有名なのは、ひとえにこの男と、この男の個人的体験と、それをもとにした大ベストセラーのおかげである。わざわざここでその名を挙げるまでもないだろう。

晩年に「この本が自分のために書かれたと思えるような時が人生でなくてはならぬ」と作者自身が言っているが、それこそがまさに僕自身の出発点であったといえよう。そしてこの町が、木組み街道の旅の出発点ともなったのである…。

ヘッセン州の中部に源を発するラーン川。ギーセンの南側で西に大きく屈曲して最後にはコープレンツの近くでライン川に合流する。そのラーン川をギーセンから下ったところにある隣町で、ラーン川にかかる橋と丘の上に広がる旧市街と大聖堂が見事なパノラマを織りなしている。
b0206899_12214645.jpg

__[Wetzlar, Alte Lahnbrücke und historische Altstadt 2007 © DFS All Rights Reserved]_
by fachwerkstrasse | 2010-10-04 12:27 | ドイツ木組みの家街道

ドイツ木組みの家街道 -はじめに -

さて、長きに渡った能書きプロローグに一段落つけて、ようやく木組みの街並みに移ります。

この「木組み」カテゴリでは、以下の点について星印5つを満点に、それぞれの街の様子についての目安をお伝えしようと思います。

交通アクセス:電車で行ける街、バスを乗り継いでゆく街、また駅からすぐだったり、駅からさらに徒歩??分だったり… 交通アクセスの良さについて「感覚的に」表示します。筆者はこれまでのところ、交通費をかけずにすべて公共交通機関を利用して行っています。しかし自分でいうのも何ですが、予算面からもストレス度合いからも車で行かれた方がいいと思います。

木組み度:実は街道沿いの街といっても「どうしてここが?」と思わざるを得ないような街もチラホラあるのです。しかし、逆に期待に十二分に応えてくれる街、きれいなまでに木組みの家でびっしりの街など、様々です。「行かなくてもいいような街」と識別するために、星印5つ満点ではかることにしました。もちろん、これは実際に見てきた僕の独断と偏見。

所要時間:街全体をざっと見るのに要する時間の目安です。もちろん個人差はありますのでご了承ください。

観光地度:観光地としてアピールを図り、たくさんの観光客が訪れている街もありますが、逆に地元民が日常生活を送るだけの静かな街もあります。

必見!:街の中には音楽家や文豪ゆかりの地だったり、歴史上重要な出来事の舞台になったところもあります。そこで例えば音楽ファン必見の街は「音楽」と記してゆきます。


街の歴史などの基礎情報については、主にドイツ語のウィキペディアを参考にしています。

ウィキペディアには情報源としての信頼性や正確性について疑問がもたれています。確かにこれを学術論文などでそのまま引用することはできません。しかし、複数の人が執筆し、かつそれを様々な人が閲覧することで、内容の正誤や解釈の違いに関するチェック機能がむしろ働き、また最新情報などもすぐに反映されますから、印刷物の情報よりも信頼性に優れている、と自分は考えています。

また、ドイツ語のウィキペディアは、ドイツのアカデミズムの特技とも言える、学術的に正確な情報処理の伝統が反映され、従来の百科事典に負けず劣らずの内容と正確さを誇っています。

この点を御理解下さい。では歴史探訪の旅へ!
b0206899_23123768.jpg

_______[Fritzlar, Marktplatz 2009 © DFS All Rights Reserved]________
by fachwerkstrasse | 2010-10-03 23:17 | ドイツ木組みの家街道