まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

カテゴリ:なぜ木組み街道?( 16 )

なぜ「木組み街道?」 (5) - 象徴としての木組み建築 -

だからこそかえって、この街道に点在する木組みの家というのは、典型的かつ(批判を承知であえて言うと)純粋で素朴なドイツ文化の象徴的な存在と言える。しかし同時にまた、各地方の木組みの家を比較することで、その地方色も把握することができるのである。同じ木組みの家でも、北ドイツ中部ヘッセンチューリンゲン、そして黒い森地方とでは、色合いから装飾に至るまで実に異なる。

(ブレーメン旧市街の、かつて職人街だったシュノーア地区の木組みの家)

b0206899_0375426.jpg

[das Bremer Schnoorviertel 2009 © DFS All Rights Reserved]
※ いつか北の木組み街道を訪れたら、写真を交換します。さしあたりこれは急場しのぎで… 
今は本文中のリンクをご参照ください。

木組み街道は、実は日本人に人気の観光ルートであるロマンティック街道とほとんどかぶっていない。たいていの日本人が目にするドイツの姿は実はごく一部の例外的なもの、といえるのである。例えばドイツ南部、特に南西部にかけては、フランスの影響を受けて洗練された優雅な宮廷文化が花開いたのだが、それも中部ヘッセンの素朴な街並みと比較することで、その差がよりはっきりとわかるようになる。


(プファルツ選帝侯の夏の離宮で有名な、城下町として発展したシュヴェッツィンゲンの中心部。
ハイデルベルクと同様にフランス風のバロック様式の建築で彩られている)
b0206899_056798.jpg

[Schwetzinger Schlossplatz 2010 © DFS All Rights Reserved]


このブログ開設の時点で、実はこの木組み街道に属する98もの街の半分も見れていない。いくつかの街は公共交通機関で辿り着くのにとても難儀する場所にある。実際この街道は車で周遊することを前提としているため、バスが2時間に一本とかそんなことはお構いなしだ。

(バスもコーヒーブレーク)
b0206899_0584857.jpg

[Bus vor dem Bf Dresden-Neustadt 2006 © DFS All Rights Reserved]

それに一度路線バスで、まさにこの街道に沿って移動した時に気付いたことだが、この街道に指定されているルートには、登録されている街だけではなく、その間の農村地帯のようなところにも古びた木組みの家が点在していて、とてものどかな風景を作り出している。だからこれは、街の中で育まれてきた建築だけではなく、街道全体を見て回ることに意義があるのだ。今はまだそこまでの余裕ある旅はとても無理だが、老後の楽しみに、これらのルートをもう一度巡ってみるというのも悪くはないだろう。

(街道沿いの小さな村にあった薬局)
b0206899_1171227.jpg

[Gensungen Bahnhofstraße 2009 © DFS All Rights Reserved]
by fachwerkstrasse | 2010-09-21 01:22 | なぜ木組み街道?

なぜ「木組み街道?」 (4) - 歴史の連続性と街並み -

このような歴史的背景から、昔ながらの純粋な木組みの街並みを見るためには、田舎町にまで足を延ばさなくてはならない。そして、現在ドイツ木組みの家街道に指定されている街には、見事なまでに木組み一色のところが多い。ひとたびこれを目にすれば、通常の観光ルートに組み込まれているドイツの街並みと、歴史の重みを今にまで伝える街並みとがいかに異なるかを感じずにはいられない。したがってドイツを知り、ドイツの歴史をみるには、大都市だけでは足りないのだ。

(ミュンヘンのシンボル、聖母教会)
b0206899_111308.jpg

[Die Münchner Frauenkirche 2006 © DFS All Rights Reserved]

一見古き良き街並みを誇るように思えるミュンヘンも、先の大戦で完全に破壊し尽くされている。建物を子細に観察すれば、鉄筋コンクリートの現代建築に伝統風のお化粧を施しているだけなのである。

b0206899_1141019.jpg

[München, Weinstraße 2006 © DFS All Rights Reserved]


それにしても、永続的な発展を遂げてきた大都市でありかつドイツ中世史の生き証人とでも言うべき街並みを誇っていたフランクフルトニュルンベルクが失われたのは、悔やんでも悔やみきれない。かつて帝国都市として栄え、その後は時代の流れから取り残されてしまい、現在では田舎町となっているところでも歴史をしのぶことができるが、こうした街では大都市のような「歴史の連続性」がみられない。そして近現代に戦略的重要性を失っていたが故に、攻撃目標から外れたわけなのだが…。

フランクフルトのあの旧市街が残った上で、NYのそれとは比べ物にならないものの、今のあの摩天楼と併存していれば、真のヨーロッパ的な都市となっていたであろうに…。マイン川沿いの岸辺にあるレオンハルト教会は、旧市街の中で破壊を免れたほぼ唯一の建造物といってよい。

(下の写真、船と真ん中に聳えるコメルツ銀行本社タワーの間の二つの尖塔の教会がそれ)
b0206899_1194447.jpg

[Frankfurt/Main: Mainufer, Leonhardskirche, Bankentürme 2009 © DFS All Rights Reserved]


市庁舎のあるレーマー広場のニコライ教会も、爆撃による破壊を免れた貴重な建築物である。

b0206899_1332981.jpg

[Frankfurter Alte Nikolaikirche 2009 © DFS All Rights Reserved]


こうした批判力を養うためにも、人間は常に本物に触れていなくてはならないのである。真の歴史の蓄積を経たものとの対比によってはじめて、現代の技術による複製のアラが認識できるようになる。田舎に出かけて、400年、500年の年月を誇る本物になじんだ眼には、その違いは一目瞭然だ。そして現代の野蛮さがいっそう浮き彫りになる。

(このように、建造年代が記されている建物が多い)
b0206899_1415213.jpg

[Ladenburg, Kirchenstraße 2010 © DFS All Rights Reserved]
by fachwerkstrasse | 2010-09-17 01:59 | なぜ木組み街道?

なぜ「木組み街道?」 (3) - 真の歴史および美とは -

従って、本来ならば最も歴史の古い町の中心部(所謂旧市街区)から、街の外側に向かって時間の流れに従って、街の風景が変化してゆくべきところを、街の中心部に、今となっては古びて煤けたモダニズム建築が立ち並び、その外側に19世紀末の歴史的な建築が立ち並ぶという、歪な時間構造を呈している街が多い。

ヘッセン州の中部、フランクフルトの北約50kmに位置する大学町ギーセンの「旧市街」。街路の配置だけは中世の面影を彷彿とさせるが、立ち並ぶ建物はほぼすべて鉄筋コンクリートである。

b0206899_644497.jpg


[Gießen, Marktplatz 2007 © DFS All Rights Reserved]

現在人口7万人あまりのこの町も、1944年の空襲で中心部の旧市街は9割が壊滅。かつてビューヒナーが革命騒ぎを起こして指名手配になったり、ゲーテの父親が法律の学位を取得したり、科学者のリービヒやレントゲンが教鞭をとっていたり(現在のギーセン大学は彼の名前を冠しているし、レントゲンの墓は実はここギーセンにある)という歴史もあるが、今日その歴史をしのばせるものは、ほとんど残っていない。

そんな「典型的」ドイツの街並みからは、自らが引き起こした狂気と暴力によって、何百年もの歴史の蓄積を一夜にして寸断されてしまった「歴史」の悲鳴が聞こえてくるようだ。しかしそれに対して、古き街並みをせっせと破壊し、その上に立つ新しい街並みすらをも恐るべきスピードで改造してゆく日本の街づくりは、そんな悲鳴をあげることすら許容していない。

b0206899_6101449.jpg
 

[Gießen, Marktplatz 2007 © DFS All Rights Reserved]


わずかな例外は、奇跡的に第二次大戦の爆撃を逃れたハイデルベルクやバンベルクくらいのもので、そのハイデルベルクも16世紀から17世紀にかけては、戦災で一度焼け野原となり、その後に再建された街並みが今日まで保存され伝わってきているのである。山の中腹にある有名な城を中心に、プファルツ選帝侯領の首都として、学問の中心地としての歴史を誇るハイデルベルクは、今は観光地化してしまいかつての雰囲気は失われてしまっているものの、城の麓に広がる旧市街の目抜き通りだけでなく、そこから一本路地裏に入って裏手通りを見ても、フランス風のバロック様式の建物群が数百年の間そのまま残っているのが分かる。

b0206899_625294.jpg


[Heidelberg, Krämergasse 2009 © DFS All Rights Reserved]


司教都市として発展したバンベルクにも、バロック様式の建築物を中心として、1000年間の歴史がそのまま今も呼吸している。 ハイデルベルクは残念ながら世界遺産の登録に3度も落選しているが、バンベルクはこの街並み全体が世界遺産に登録された。もちろん大聖堂をはじめとする個々の建築物も、非常に重要なものである。

b0206899_10141911.jpg


[Bamberg, Karolinenstr. 2008 © DFS All Rights Reserved]


また、現代まで継続的に発展してきた大都市の場合には、常に様々な建築物が建てられてきているため、当然ながら木組みの家一色ではなく、様々な時代の様式が混ざり合って美しい調和を成している。エアフルトなどがその典型といえるだろう。中世から近世にかけて、交易の要衝として大いに栄えたエアフルトのフィッシュマルクト(魚市場) には、その富を今も物語る豪商の館や商工会議所といった、実に様々な様式の建築物が博覧会のように所狭しとならんでいて、圧巻である。

b0206899_10174574.jpg


[Erfurt, Fischmarkt mit Haus zum Roten Ochsen 2007 © DFS All Rights Reserved]

19世紀後半に建てられたネオゴシック様式の市庁舎は、時代的には明らかに他の建物よりも「浮いている」はずなのだが、全体としてはなぜか調和を成しているのが不思議だ。さらに時代を遡って、美しい木組みの家もこの町にもはたくさんあるが、それ「だけ」ではないわけである。しかもわずかながら第二次大戦の爆撃で破壊された教会の廃墟や、さらに東ドイツ時代の鉄筋コンクリートまで拝めるという、おまけつきである。ドイツ千年の歴史のほぼすべてを俯瞰するには絶好のロケーションというわけだ。

b0206899_10284888.jpg


[Erfurt, Fischmarkt mit Rathaus 2007 © DFS All Rights Reserved]
by fachwerkstrasse | 2010-09-15 10:33 | なぜ木組み街道?

なぜ「木組み街道?」 (2) - 歴史と伝統をめぐって -

しかし歴史的な街並みを保存する上で最も致命的なのは、やはり戦争による人的被害だ。例えばかつては神聖ローマ皇帝戴冠式が執り行われたフランクフルト中心部は、1944年まではドイツの中でもこうした中世以来の街並みが最もよく残っていた街だったが、連合軍の爆撃で灰燼に帰してしまう。

その後のモダニズムによる現代的メトロポールを建設する復興プランの中で、かつての街並みが再現される可能性は完全に閉ざされてしまう。他にもシュトゥットガルトカッセルなどは、街の区画を始め、わずかに残った歴史的建造物に至るまで全て撤去して、むしろこれ幸いとばかりに、まったく新しい町づくりを行った。

また、旧東ドイツでも社会主義的街づくりのもと、同様に破壊されていった建物が数多くある。いずれも20世紀の文明の力を悪用した、政治的暴挙である。

しかし一方で、ナチスの拠点であったミュンヘンニュルンベルクなどのように、壊滅的破壊された南部の街は、現在まで綿々と受け継がれている保守的な気風から、できるだけ破壊前街並みを取り戻すべく、最大限の努力がなされた。

戦前は百塔の都エルベ川のフィレンツェと謳われたドレスデンだが、英国空軍による爆撃古都壊滅。戦後は東ドイツによる街づくりが進められた上に、資金不足で満足な復旧もできないままでいた。聖母教会をはじめ、再建のほとんどは、東西ドイツ統一後に進められたものである。

しかしいずれの都市でも、やはり失われたものの大きさを感じずにはいられない。21世紀に入ってようやく再興なったドレスデンにいたっては、戦後45年の空白を経てようやく、かつての姿を忠実に再現しようと試みたわけだが、戦後60年を経て、今ようやくできあがった「古い街並み」をいざ目の前にして、長年のドイツ人の悲願であったにも関わらず、歴史の重みを重視する立場からみれば、これはほとんど茶番である。(あれをみて「ハウステンボスみたいだ」と揶揄していた方もいたほどだ)

b0206899_16561131.jpg


[Der Dresdner Neumarkt 2008 © DFS All Rights Reserved]


戦後のドイツは、否応なしにドイツの「伝統」と批判的に対峙することを余儀なくされ、一時は古いものを徹底的に排除する思潮が主流だった。そのためかつては「時代遅れ」または「古いドイツを体現する善からぬ代物」という風潮さえあったが、80年代あたりから、こうした古い街並みに対する意識が再び芽生え始める。そうした流れを受けて、現在は鉄筋コンクリートの忌まわしい建物群が立ち並ぶフランクフルト旧市街を再建するプロジェクトが最近始まったのだが、私はこれについても懐疑的だ。

すでに市庁舎のあるレーマー広場には、こうした思潮が湧きおこった直後に、木組みの家が再建されているが、これも歴史の流れから寸断された「ニセモノ」に他ならない。そんな「旧市街」を今更再現したところで、一体どんな意味があるというのであろう。せいぜいのところ、新たな名所「旧跡」として観光資源にするのが関の山だ。しかし、爆撃で「歴史的建造物」が吹っ飛んだ事実も「歴史」の一部であるはず、それに蓋をして何事もなかったかのように、ニセモノで「歴史」を書き換えることは、詩を書くことよりもなお野蛮である。

b0206899_16574112.jpg


[Römerberg, Frankfurt/Main 2009 © DFS All Rights Reserved]
by fachwerkstrasse | 2010-09-13 17:01 | なぜ木組み街道?

なぜ「木組み街道?」 (1)

ブログの名前は、ドイツ木組みの家街道。あまり知られてはいないが、ドイツの南北にまたがって、7本設定されている観光街道である。木組みの家とは、特にドイツ中部を中心にみられる、伝統的な家屋の作りで、文字通り木の骨組みが露わになっている隙間に、粘土や煉瓦づくりの壁が埋め込まれているのが特徴である。

b0206899_910333.jpg


[Homberg (Efze) in Nordhessen © DFS All Rights Reserved.]


中世から近世にかけて、ドイツの至る所で、この木組みの家がびっしりと並び、美しい街並みを形成していた。特に中世から近世にかけて、帝国都市東西通商路の中継点、または君主の居城の城下町として栄えた町には、様々な装飾が施された絢爛豪華な家々がこれみよがしに立ち並んだ。これらの多くは、その後の時代の流れから取り残された田舎町が多いため、現在に至るまで昔ながらの街並みがよく残っている。

b0206899_10181233.jpg


[Idstein im Taunus © DFS All Rights Reserved.]


木組みの家は、しかし木造なので当然火事には弱いし、修復・保全にも大変な手間とコストがかかる。ぶっつぶして新しい建物を作った方が安上がりだと聞いたこともある。(実際、20世紀後半には、鉄筋コンクリートにとってかわってしまった例がかなりある) 放置していれば、あっという間に無残な姿をさらけ出して朽ち果ててしまうのだ。かつての東ドイツ地域には、残念ながらこのように修復されないままの古い建物が廃墟となっていることが多い。

このことからも、古い木組みの家を保存していくのには大変なコストと労力がかかっていることがわかる。すべての民家や建造物を何百年も残していくわけにもいかない。ドイツのどんなに小さな村落でもたいていは1000年くらい前には記録に残っているが、たいていの家並みは現代的な一戸建てであることがほとんどだ。

しかし石造りの教会や街を取り囲んでいた城壁や砦などは、半永久的に残るので、たとえ廃墟になっていたとしても、その千年の歴史を今に伝えている。気をつけてみていると、こうした「遺跡」がごくさりげなく、たいては人々の日常の中にごく普通に溶け込んでいるのがわかる。かつての城壁や見張り塔が民家にそのまま組み込まれて利用されていることも多い。

このように、少し目線を変えて歩いてみるわけで、あるいは大都市から少し離れて旅をするだけで、こうした宝の山に容易に巡り合えるわけだ。

b0206899_17225745.jpg


[Die Aul der Stadt Zwingenberg (Bergstraße) erbaut vor 1500 © DFS All Rights Reserved.]
by fachwerkstrasse | 2010-09-09 10:26 | なぜ木組み街道?

ご挨拶

この度、当ブログ「ドイツ木組みの家街道」を開設する運びとなりました。

b0206899_710369.jpg

[Illmenau, auf dem Weg auf den Kickelhahn 2007 © DFS All Rights Reserved.]


これまでいろいろと見聞きしてきたものを言葉にしていく場所がほしいと思う一方で、それをどういう形で表現してゆけばよいのかがなかなか見えてきませんでした。しかし偶然に出会った「木組みの家街道」を旅し、一度ある場所でそれをご紹介させて頂いたことがヒントになったように思います。今年に入ったあたりから、ようやく表現形態が見え始めてきたのですが、この半年ほどは大半は技術的な面で暗中模索、四苦八苦していました。

しかし今般ようやく軌道にのせることができましたので、公開に踏み切ることにしました。ブログ開設やプロバイダ選定にあたり貴重な助言をくれたブログ先輩の友人には、この場を借りてお礼を申し上げます。

これで、これまで書きためた膨大な下書きと、おそらく合計1万枚以上にのぼる各地での写真をようやくお見せすることができます。また、このブログは自分にとっての学びの場でもあり、その過程を記していくものでもありますから、皆さまの忌憚なきご意見や質問などを期待しています。コメント欄にどうぞ御遠慮なく書き込んで下さい。とはいっても、不定期の更新になると思いますが、どうぞご愛顧ください。まずは数回にわたり、コンセプト紹介となりますので、どうぞよろしく。
by fachwerkstrasse | 2010-09-04 05:46 | なぜ木組み街道?