まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

カテゴリ:マネッセ写本( 2 )

マネッセ写本 1

b0206899_117682.jpg

シュタウフェン朝の神聖ローマ皇帝ハインリヒ六世


赤髭バルバロッサことフリードリヒ一世の息子として

1191年にローマで戴冠。



今日残っている詩句は、まだ皇帝に即位する前、

1184年の聖霊降臨祭の時に開かれた

マインツ帝国議会の折に成立したものと考えられている。


[Codex Manesse, Kaiser Heinrich © Universitätsbibliothek Heidelberg]________



b0206899_1194297.jpg

神聖ローマ皇帝コンラート四世の息子コンラディン


帝位は継承できなかったが、シュヴァーベン公、
エルサレム王、シチリア王でもあった。


アンジュー伯シャルル、後のシチリア王
カルロ1世に敗れ、ナポリで処刑される。


16歳の若さだったため「若きコンラート」
の名で知られている。

これによってホーエンシュタウフェン朝は
断絶し、第九うい時代を迎えることとなる。



_____[Codex Manesse, König Konrad der Junge © Universitätsbibliothek Heidelberg]


__________コンラディンの手になる二編の詩が残されている。_________
b0206899_1115391.jpg

___[Codex Manesse, König Konrad der Junge © Universitätsbibliothek Heidelberg]__



b0206899_11181128.jpg

ショッテンのティーロ王


とはいっても、これは実在の人物ではなく
写本に記された叙事詩の題名である。


作者は不明で、テューリンゲン出身だと
推測されているが、13世紀前半に成立
したと考えられている。ここの絵で描写
されているのは、父親のティーロ王から
息子フリーデブラントが、王としての家臣
に対する義務と、身分をわきまえた
騎士道精神に則った宮中での振る舞い
について教えを受けているところである。




[Codex Manesse, König Tyro von Schotten © Universitätsbibliothek Heidelberg]____


b0206899_112649100.jpg

プシェミスル朝のボヘミア王ヴァーツラフ2世


ポーランド王としてはヴァツワフ2世。



1297年にプラハで即位した。



在位中、プラハの宮廷は

ドイツ文学の中心地となった。





___[Codex Manesse, König Wenzel von Böhmen © Universitätsbibliothek Heidelberg]
by fachwerkstrasse | 2010-09-16 11:02 | マネッセ写本

ハイデルベルク大学図書館 マネッセ写本特別展

現在のドイツ連邦共和国内で最古の歴史を誇るハイデルベルク大学は、来年創立625周年を迎える。
各種の記念行事が企画され、記念グッズも販売されるが、その一環として貴重な展覧会も開かれている。

b0206899_302127.jpg

______[Codex Manesse, Register © Universitätsbibliothek Heidelberg]_____


b0206899_31330.jpg
その歴史に比例して、大学図書館も当然それにふさわしい蔵書を誇るわけだが、通常の学術書に加えて、中世からの貴重な資料も収集している。実は1386年の設立当初から数百年に渡り、収集を重ねてきたビブリオテーカ・パラティーナがあったのだが、これは三十年戦争の折に戦利品としてローマ教皇に差し出されてしまった。カルヴァン主義を採用して人文主義の中心地として機能して
いたが、戦後はカトリックに逆戻りしてしまったのだ。

様々な紆余曲折を経て今日に至る大学と図書館であるが、
現在の蔵書の中でも目玉となっているのが、中世の重要な
「マネッセ写本」である。またの名を「大ハイデルベルク歌謡写本„
Große Heidelberger Liederhandschrift“ 」



[Codex Manesse, Einband Vorderdeckel © Universitätsbibliothek Heidelberg]_____


b0206899_32218.jpg

14世紀にチューリヒで製作されたもので、中世ドイツの宮廷詩人(ミンネゼンガー)の手による重要な詩歌が収められている。

140もの中高ドイツ語による詩歌のと、各々の詩人をイメージ化した138の細密画が収録された、大変豪華な写本である。

今回の展覧会では30の手稿に4つの揺籃期本
(1500年以前に印刷されたもの)と52の印刷物である。

さらに、かつてのビブリオテーカ・パラティーナに収蔵されて
いた貴重な手稿も展示される。

マネッセ写本は大学図書館のサーバーですべて
電子化され自由に閲覧できるようになっている。
さらにPDFファイルで一括ダウンロードも可能だ。



___________[Codex Manesse, Register © Universitätsbibliothek Heidelberg]


展覧会への予習を兼ねて、電子化された細密画をここで取り上げていこうと思う。
はたして、その上で実際に見る700年前の書物はいかなるものか!?
b0206899_322822.jpg

__[Codex Manesse, Einband Vorderschnitt © Universitätsbibliothek Heidelberg]___
by fachwerkstrasse | 2010-09-14 03:17 | マネッセ写本