まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

カテゴリ:ツール・ド・ヨーロッパ ( 5 )

ツール・ド・ヨーロッパ ⑤

話がそれるが、丸山正男が指摘している通り、戦中のフルトベングラー=ベルリンフィルの演奏は、所謂クラシック音楽の演奏史における最高峰であり、これからさらにどれだけ録音技術や演奏技術、斬新な解釈や例えば古楽器による解釈が進化しようと、あれを超える演奏は二度と生まれないだろう。

ところで、今年に入ってまたもやフルトヴェングラーの「新譜」がリリースされている。しかしCD不況、ましてクラシック衰退の世の中で、相変わらず異常な人気を誇っているようだ。しかも録音のリリースが新聞で大々的に取り上げられるなどというのの、珍しい。

フルトベングラー、迫力そのまま SP盤が高音質CDに(朝日新聞 2月9日付)
b0206899_2341392.jpg

________[Heidelberg Alte Brücke 2011 © DFS All Rights Reserved]_______

個人的な今の時点での感想を言うなら、無尽蔵に奥深いとでもいおうか。様々な指揮者、録音、生の演奏を経た後で、フルトヴェングラーに立ち戻ると、同じ録音でありながら、それはいつも異なった顔を見せてくれる。それは、その曲のそれまで聴き手が見落としていた点だけでなく、フルトヴェングラーの演奏に隠された様々な秘密でもある。

ピアニストのアファナシエフも「演奏会にはわざわざ行かない。録音でフルトヴェングラーの素晴らしい演奏を聴いている方が、よっぽどいいから」というようなことを言っていたが、分かる気がする。僕自身、最近では、演奏会場で生の演奏に立ち会うのは、管弦楽が実際にどのように響いてくるのかを追認するのが目的で、それはむしろフルトヴェングラーの録音の乏しい音質を目いっぱい味わうために必要な「想像力」を補うため、という気がしてきている。

だから、丸山が「人類の音楽は、フルトヴェングラー戦時中の演奏をもって、その頂点とするんじゃないだろうか」と言うのは、おそらく多くの人が納得されることだろう。実際、戦時中の録音には戦後の録音にはない、尽きせぬ魅力がある。

その一つは、音質である。戦時中のお抱え録音技師だったシュナップ博士は、戦後の録音よりも克明に細かい音質まで捉えている。また、旧フィルハーモニーは残響豊かなホールであったらしく、それによるホールとの相乗作用で、オーケストラの音色にも良い影響を与えていたと思われる(ウィーンフィルの音色が、楽友協会ホールで培われたものであるのと同様)

しかし、何よりもこの戦時中録音を特別なものならしめているのは、他ならぬこの演奏者たちが置かれた状況、時代である。独裁体制、日に日に悪化する戦況、激化する空襲、破壊される都市、そして自分達が明日生きていられるのかも分からない毎日。

「『明日がない』、『これが最後のコンサートかもしれない』と覚悟したとき、人間はこんな音楽をやるんだねぇ」

(中野雄(1999)「丸山真男 音楽の対話」文春新書 1版 pp. 232-234)

もちろん、社会全体が崩壊に向かっている悲劇的な極限状態と、今の時代を生きる若者たちとでは、そもそも比較にもならないのかもしれないが「これが最後」という思い、そしてそれが通常ではありえない豊かな音楽を結果として生み出す、これは一つの真理としてあるのかもしれない。

そうしたわけで、彼のこの話を聞いた時に、フウルトベングラーの戦中録音のことが、頭をよぎったのだった。
by fachwerkstrasse | 2011-02-11 23:43 | ツール・ド・ヨーロッパ

ツール・ド・ヨーロッパ ④

(前回の続き) ドイツといえども、なんでもかんでも素晴らしいわけではない。
一度なんて、バッハのヨハネ受難曲を歌っているプロの合唱団の、1パート全員が音を外していた
こともあった。さすがに合唱の音程が狂うというのは、後にも先にもこれ以外聴いたことがない。

また、たとえ趣味であったも、日本人はシャイなので技術的に完璧に仕上がっていない限り、
絶対に人前で弾こうとはしないがこっちの人は「自分だったら、とても恥ずかしくて人には
聴かせられない」ような仕上がり具合でも、実に意気揚々とお披露目している。

もちろんそこには、技術や正確さを超えて聴いている人に訴えかけるものがあるか、ということと、伝わる
ものは何もないが、とりあえず技術的な当たり外れは少ない、平均的な母集団というジレンマが存在する。

それは、厳密な規格化と管理の下、故障や欠陥がよその国に比べてはるかに少ない、
世界に誇る高性能の「メイド・イン・ジャパン」ブランドにも通じるものがあるように思う。

機械の場合は、たとえ画期的な新製品を開発しても、品質にばらつきがあって、しょっちゅう壊れてしまう
ようでは困るのである。だが、音楽の場合は、たとえミスタッチなどのキズものであっても、独創的な演奏
なら人は耳を傾けるだろう。

それを証拠に、フルトベングラーやコルトーの録音は、いささかもその価値を減じていないのだから。

b0206899_23211394.jpg

_________[Berlin Philharmonie 2010 © DFS All Rights Reserved]________


閑話休題。

それにしても、このワセオケの生演奏、おそるべき名演だ。

(どなたかの録画がアップされてました)

ベルリンの風
管弦楽のためのラプソディ 外山雄三

学生オケの場合は一年近くにわたって、同じ曲を何度も何度も辛抱強く練習して、
本番でベストになるようにもっていくわけだが、それにしても、ここまで・・・
ため息の出るような美しく艶やかな音色と、実に見事なアンサンブル・・・

見せてもらったDVD映像は、昨年からベルリンフィルが開始した「デジタル・コンサート・ホール」によって、
最高の音質と画質で完璧に録画されたものだ。(現在も会員制有料アーカイブで観ることができるそうだ)
そのため、この日が最高の演奏となるように、ツアーの日程も組んだとか。ツアーの最初は到着後の疲れ、過度の緊張、不慣れな外国での移動といった要因が重なって、どうしても演奏が堅くなってしまうものらしい。
逆にツアーも終盤にさしかかると、そういつまでも緊張感が続くわけでもない。
確かにツアー日程を見ると、ベルリンがちょうど真ん中に来るように組まれている。

しかも、これは彼自身が語ってくれたことだが「最終公演の時は、もうこれで最後。もう後がない」という思いが団員の間にあったという。「明日がない」と思うと、人間がんばって素晴らしい演奏になるものなんですよ、
というのがとても印象的な言葉だった。

そして僕の脳裏によぎったのは、丸山正男がフルトヴェングラーを評してつぶやいた言葉だった。
by fachwerkstrasse | 2011-01-03 23:23 | ツール・ド・ヨーロッパ

ツール・ド・ヨーロッパ ③

中村洋太くんのヨーロッパでの「足」となるのは、フレームがとても軽い、かなりの高級車なのだが、
長旅の後も段ボールの中で無事だった様子。自転車の開封記念に一枚!


b0206899_22181575.jpg

フレームと車輪の他にも、小さな箱に小分けして詰め
られた大小様々な部品や道具が、次々と出てくる。

ひとつひとつの無事を確かめる度に
「あぁ、よかった~!」と安堵ののため息がもれる。

それももっともだ、自転車を飛行機で運ぶ人なんて
そうはいないから「ドイツの税関はほとんどフリーパス」
とか「トランクがしょっちゅう壊される」などといった噂を
頼りにできないし、キャンプの用意に際しての注意事項
マニュアルみたいなものも存在しないのだから。

段ボールは自転車専用の箱を(そんなものがあったとは・・・)うまく調達してきたらしいが。




[Yota Nakamura, 2. Aug. 2010 © DFS All Rights Reserved]______________


そんな彼を横目に、僕は彼が持参したDVDで、ワセオケの名演に酔いしれる。

彼とも話したことだが、よく日本人の演奏家の欠点としていわれる
「技術は優れているが、個性がない」

こっちにきて、いろんな演奏家や団体を聴いてきた中で、良くも悪くもこれはあたっていると思う。
ただし、まったく逆の意味でだが。
つまりこちらでは素人・玄人問わず、技術的な習熟度に天と地ほどの差があるのだ。

ドイツには、日本よりもたくさんのオーケストラが各地にあるが、実際はかなりピンキリで、
日本でも有名な一部のトップクラスを除けば、実はそんなに大したことがなかったりする。
技術面では、日本の地方オーケストラの方が、はるかに上だと思っていいだろう。

僕のこれまでの印象では、大きく3つに分けられると思う。

一つは「誰が指揮台に上っても名演になってしまうオケ」

こういうオケの場合、指揮者のどんな要求にも柔軟にこたえる技術を兼ね備えているため
逆に指揮者が確固たる音楽を持っていないと、すべて筒抜けになってしまう。
はっきり言って、古典派などの定番のレパートリーなら指揮者なしでも名演を繰り広げることができてしまう。
だから、指揮者がきちんと料理をして「超名演」にしなくてはならないのだ。
b0206899_2229567.jpg

_________[Berlin Philharmonie 2010 © DFS All Rights Reserved]________

2つ目は「当たり外れが大きいオケ」

これは、指揮者のもう一つの能力、すなわちオーケストラを教育する能力による。
時々、人心掌握術や音楽の解釈に加えて、オーケストラの持てる能力を150%ひき出してしまう
能力を兼ね備えた指揮者がいる。こういう人に当たると、信じられないほどの音色を奏でるのだが
逆にそうでない時には、ごく凡庸な演奏になってしまう。
(同じオケなのに、指揮者によって「音」そのものが変わってしまうというのは、人生最大の謎)

3つ目は…あえて言いますまい(笑)

こういうところに、上の2つで挙げたような指揮者がくることはほとんどないので、
その意味での比較はできないが「未来のマエストロ」的な若手が音楽監督だったりする。
音楽と言うのは不思議なもので、鳴っている音はめちゃくちゃでも、指揮者ががんばっていれば
ちゃんとその音楽は伝わってくるものだ。
by fachwerkstrasse | 2010-12-13 22:33 | ツール・ド・ヨーロッパ

ツール・ド・ヨーロッパ ②

ブログでも書いている通り、空港からハイデルベルクまでは直通のルフトハンザ・シャトルバス

(・・・と言う名のワゴン車)

バス停まで迎えに行くと、彼との挨拶もそこそこに、いきなり運転手が僕の方に歩み寄ってきて

「あんた、ドイツ語わかんの?じゃ言わせてもらうけどね、こちらのお若いの、こんなでっかい
段ボールの荷物を抱えて、今日は満員だったから、ほんとだったらこんなの運べないとこよ!
彼に言ってやってちょーだい、ほんとに彼ラッキーよ。たまたまお客さん3人が荷物なかったから、
段ボール入れるスペースがあったってわけよ。」

とまぁ、これと同じことを5回くらいまくしたてる、たてる(笑)

________________まぁ、確かにでかいわな・・・________________
b0206899_8464271.jpg

_______[Heidelberg Bahnhofstraße 2010 © DFS All Rights Reserved]_______


この運転手、外国人で(少なくとも言葉にはなまりがあった)英語があまりわからないため、
ここぞとばかりに、僕に・・・

でも、最後は運転手と二人で記念撮影だもんね♪

ヘルシンキ経由でやってきた彼は、もうおなかぺこぺこで、拙宅に到着後すぐに、お手製の中華丼をふるまう

その後は、彼の出演したワセオケのべルリン・フィルハーモニーホール公演のDVDを、最初は一緒に
観つつも、到着したばかりの客人は自転車が壊れてないか心配で仕方がない様子で、さっそく箱を開けて、
バラバラに解体して受託荷物として預けていた自転車を段ボールから、おそるおそる取り出す。

ちなみに、日本出発前の箱詰めの様子はこちら。こんな方法があるなんて、知らなかった!

さぁ、果たして自転車は、無事だろうか?
by fachwerkstrasse | 2010-11-29 09:01 | ツール・ド・ヨーロッパ

ツール・ド・ヨーロッパ ①

今年も残すところあと一カ月となったが、年が暮れるまでに、どうしても書いておきたいことがある。
それは今年の8月のこと。とても刺激的な出会いがあった。

ご存じの方もいらっしゃるかもしれないが、私の友人弟さんが、この夏自転車で西ヨーロッパを一周という壮大なプロジェクトを実行された。彼のブログは計画の段階から、学生ブログ読者数の第一位に輝き、数々の協賛者やスポンサーの支援を受けて、たくさんの友人や道中で出会った人たちの声援を浴びながら、自らの夢のために、そして夢や希望を持てずにいる日本の若者のために、彼は一人でペダルを漕いで、国境を越え見知らぬ土地を走り続けた。

その映えあるヨーロッパ大旅行の、最初の訪問地に、なんと我が家が選ばれたという次第!
b0206899_17173555.jpg

_____[Heidelberg Neuenheimer Landstraße 2010 © DFS All Rights Reserved]____

彼は、さらにワセオケのメンバー(オーボエ)でもあり、ベルリンのフィルハーモニーホールやドレスデンのゼンパーオペラなど、数々の栄光ある舞台に立ってもいる。いろいろな分野で才能を発揮されている、とても活動的だが、それでいて、まったく飾らない素直な人柄で、一緒にいてまったく気の置けない人である。

訪問時にも、拙宅で食事をしたり、一緒に彼のベルリンでの公演DVDをみたり、自転車の組み立てを眺めたり、そしてハイデルベルクの街を案内したり、学食に連れて行ったり、そして5年もこっちに住んでて、なかば当たり前のことになっていることにも、素直な感動をみせてくれたのが嬉しかった。こういう人を案内するのは、こちらとしても嬉しい限りだし、逆に発見もある。

到着直後から、様々な困難に見舞われながらも、持ち前の明るさと度胸と運で、前進し続け、無事にベルリン・ブランデンブルク門でのゴールを果たした、この夏の大旅行。(運も実力のうち、とはまさに彼のことをいうのだとつくづく思った)

彼自身ののブログで残念ながら漏れてしまったこぼれ話も交えながら、ハイデルベルク滞在時の彼の様子をここに記しておきたいと思う。
b0206899_1723949.jpg

____[Heidelberg Blick vom Philosophenweg 2010 © DFS All Rights Reserved]____

by fachwerkstrasse | 2010-11-27 17:34 | ツール・ド・ヨーロッパ