まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

カテゴリ:クリスマス( 13 )

アメリカ大陸初のクリスマスツリー

前にエンゼル横町の建物の所有者であるリーデゼル伯爵のことについてふれた。
b0206899_2325575.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 2009 © DFS All Rights Reserved]_________

しかしこの一族でもっとも有名なのは、ここ帝国最高裁に奉職していたカール・ゲオルクの兄
フリードリヒ・アドルフである。実はアメリカ独立戦争の際に英国軍の援軍として参加しているのだ。

1776年にフリードリヒ・アドルフは歩兵部隊と竜騎兵連隊を組織して、英国経由でケベックに渡り、
カナダ侵攻作戦
の折に大陸軍を撃退した。しかし翌年サラトガの戦いで英国軍が降伏すると、
家族ともども4年もの間囚われの身となってしまった。

釈放された後、カナダのケベック州にあるソレルという街に移り、長年のつらい思いを払しょくすべく
ドイツの伝統的なクリスマスでお祝いをしようということになった。

そこで1781年のクリスマスを英国とドイツの将校を招いて祝うこととなり、夫人がクリスマスプディングを
焼いておもてなしをした。レディー・フリッツの名で皆から親しまれていたフリーデリケは、当時の様子を
詳細に日記に記していて、日記は現在オタワにある、カナダ国立文書館に保管されている。

b0206899_23312270.jpg
さらに、この異国でのクリスマスパーティのハイライトとして食堂に
飾られたのが、クリスマスツリーだった。ドイツではおなじみだった
この習慣も、イギリス人の客人方には初めて目にするもの。

果物やろうそくの明かりで彩られたモミの木は、さぞかし驚きだった
ことだろう。英国でツリーの習慣が広まるのは、さらに後のことだが

こちらは、200周年を記念してカナダで発行された記念切手。

デザインを手がけたのは、ドイツ人を祖先に持つ
トロント在住の画家アニータ・クンツ氏である。


__[Christmas Tree, 1781 (issued on 16 November 1981) © Canada Post Corporation]


うたげの場所となったのは、ヴィクトリア女王の父ケント公の夏の別荘でもあった。
ソレルには、現在この「大陸初のクリスマスツリー」を記念したモニュメントが建てられている。

_______________ハイデルベルク城のクリスマスツリー_____________
b0206899_23321837.jpg

________[Schloß Heidelberg 2010 © DFS All Rights Reserved]________
by fachwerkstrasse | 2010-12-04 23:40 | クリスマス

待降節 第1主日 - 1年の始まり -

この日曜日をもって、アドヴェント(Advent)と呼ばれる、クリスマス前の期間に入る。
ラテン語で「到着」という意味で、主の到着に備える期間というわけだ。これから12月25日の
聖夜までに4回の日曜日があり、イエスの誕生を祝うための準備期間であるとされる。
b0206899_162783.jpg

________[Heidelberg Marktplatz 2010 © DFS All Rights Reserved]_______

キリスト教の一年の暦は、この待降節第1主日で始まる。そこで、毎年やろうやろうと
思いながら挫折していた企画を、今年こそは実現したい。ブログもできたことだし。

バッハの教会カンタータは、この教会暦に合わせて作られている。従って暦と合わせながら毎週カンタータを聴いていけば、四季を感じながら全作品を制覇できることになるのだ。受難曲(マタイ、ヨハネ、マルコ復元版)とロ短調ミサには、だいぶなじんできたのだが、カンタータは分量が多すぎて、どこから手をつけてよいのやらわからない。

そこで季節の流れに合わせて手を伸ばしていってみてはどうかと思った次第。
ただし、これとてもぶれずに続けようと思ったら、かなり根性がいるので、果たしてどこまで続くことやら・・・


b0206899_16283460.jpg


ところで、バッハが奉職していた当時の
ライプチヒでは、第一日曜日を除いて
カンタータの上演が禁じられていた。


前述の通り、この時節はクリスマスへの
準備期間なのだが、いわば謹んで主の
誕生を待つべしということで、結婚式や
宴会も御法度、教会で鳴り響くのも
オルガンだけとされていた。


ただ、教会暦の新たな始まりを祝うために
第1主日だけは例外だったのである。

参考

______________[Thomaskirche zu Leipzig 2007 © DFS All Rights Reserved]


そのため、ワイマール期に作曲された第4主日のためのカンタータ1曲と、第1主日のための3曲を除いて、待降節のためのカンタータ、すなわち第2および3主日のための音楽はレパートリーに含まれていない。第1主日のためだけに3曲もあるのは、1曲はワイマール期の作品、残りはライプチヒ時代の作で、ライプチヒでの最初の数年間に、カントール(音楽監督)として、ほぼ毎週のように教会暦に沿った新作カンタータを作曲し上演するという、離れ業をやってのけていたからである。これは、他の教会暦用カンタータでも同様である。

だったら、12月だけは第1主日のための3曲を3週に分けて聴いてしまえばいいんじゃん(笑)実際バッハは
この新作カンタータ「免除」期間を、クリスマス・オラトリオの作曲(ないし編曲/変曲)にあてていたのである

この時期になると、ドイツ各地の教会でクリスマスオラトリオが上演される。お膝元のト-マス教会はもとより、
プロから地域レベルのアマチュアまで、いろいろな趣の演奏会があるが、教会という空間で聴くのは、普段コンサートホールで批判的に音楽に対峙するのとはまた違った、音楽が生まれた土地ならではの感慨がある。クリスマスオラトリオの上演は、この時期の街の雰囲気とも相まって、文字通り心温まるものだ。

本来は25日から新年にかけて上演されるべきものであるが、今では6曲のうちの一部または全部を、
アドヴェント期間中の一日に、まとめて上演してしまうことがほとんどだ。従って、今の感覚では、聖夜の
音楽も12月の一ヶ月間と結びついている。カンタータも、無理に一日目にまとめてしまうことはないだろう。
b0206899_16323094.jpg

_________[Erfurt Thomaskirche 2007 © DFS All Rights Reserved]_______

この待降節から新年までは「クリスマス」カテゴリに、公現祭から後は「教会暦カンタータ」カテゴリを別に作って収めていくことにします。クリスマスカテゴリでは、バッハのカンタータとクリスマス・オラトリオに加え、クリスマスにまつわる話題やクリスマス市のことも一緒くたに取り上げていこうと思っています。

・・・と、ここまで書いてしまったので、BWV61のカンタータはまた後日(汗)
by fachwerkstrasse | 2010-11-28 16:48 | クリスマス

もうすぐ待降節

次に取り扱うつもりでいたヴェッツラーの物件を調べていて(こう書くと、不動産屋みたいだな- w) 思わぬ障壁にぶつかり、急場しのぎのネタを書きあげる時間もなかったので、4日間もお留守にしてしまいました。「つなぎ」用のネタはたくさん用意してあるのだけど、まだそのためのカテゴリを構築するに至っていないので、早いところこうした場合に備えた体制づくりもやっておかないと!

いつものように、歴史的建築物の過去を洗っていたら、ヘッセン州の貴族の家系が急きょ浮上し、これがネットを探してもなかなか特定できる資料が見つからずに難儀したという次第。もう少しでなんとかなりそうなので、数日中には17回目がここに載るはず。
b0206899_21483870.jpg

_________[Wetzlar Kornmarkt 2009 © DFS All Rights Reserved]________


例年よりも太陽がよく顔を出した11月もあっという間に過ぎ、もうすぐアドヴェント(待降節)と呼ばれる期間に入る。イエス・キリストの生誕を祝うクリスマスの前の一ヶ月間、正確には25日の降誕節から遡って4つ前の日曜日から始まる。そして順繰りに第一、第二主日・・・という具合に、聖夜の到来を待ち望むのである。

家庭では、緑冠に彩られた4本の赤い蝋燭を用意して、毎日曜日ごとに一本づつ火を燈していく習慣がある。また、アドヴェントカレンダーという、紙の箱に30個の窓がついていて、毎日一つづつ空けてチョコレートを取りだすというこの時期専用のお菓子パックもある。

そして何よりも、この待降節に合わせて、各地でクリスマス市が開かれる。
普段は殺伐としたドイツの街並みが、一年で一番輝く時だ。
わが街ハイデルベルクでは、すでに街中の広場で準備が進んでいる。
b0206899_2157553.jpg

______[Heidelberg Universitätsplatz 2010 © DFS All Rights Reserved]_____


宗教的な背景や意味づけはこの際置いておくとして、待降節から聖夜にかけての暦や習慣は、一年のうちで最も日照時間が少なくなるこの時期を乗り切るための、いわば生活の知恵ではないかと自分は思っている。

現在では、イルミネーションで彩られるクリスマス市のおかげで、16時頃には真っ暗になる街中が、かえってそのために幻想的な雰囲気に満たされるし、電気などなかった昔でも、1週間ごとに聖夜を待ち望む暦があるおかげで、憂鬱な気分を晴らすこともできたに違いない。賭けてもいいが、もし欧州のの冬からクリスマスをごっそり抜いたら、自殺者は倍増するに違いない。

木組み建築の合間に、季節限定の風物詩たるクリスマス市もいくつか取り上げていこうと思っています。
こうご期待!
b0206899_2157425.jpg

______[Heidelberg Universitätsplatz 2010 © DFS All Rights Reserved]_____
by fachwerkstrasse | 2010-11-21 22:00 | クリスマス