まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

ドイツに降り注ぐ放射能

前回の更新から、またまた一カ月以上が経過してしまいました。
急に仕事が入ったり、思いもがけず天気がよくなったので、旅に出たりしていて(木組み探訪の旅に出ると、更新ができなくなるのですよね。。。)執筆のための時間がまったくとれませんでした。

そして今回の東日本大震災。信じられないような出来事が次々に報道され、まずそれを自分の中で受け止めることと、正確な情報を収集することに翻弄され続けた。しかしもっとも信じられなかったのは、ドイツメディアの報道ぶりだ。震災の被害はすっかり影に隠れ、従来からアレルギーの強い原発と放射線に関する話題で持ち切り。そしてそれは視点の違いという次元を超えて、自然科学的な事実やデータ、そして常識を無視した「デマ報道」と化していった。

あまりに今回のことで失望したので、名指しで批判するが、ドイツを代表する高級紙シュピーゲルと南ドイツ新聞(こちらは特に左派の論客揃い)は、まるで日本が核に汚染されるのを願っているんじゃないかと本気で勘ぐってしまうくらい「チェルノブイリの再来」「死の灰が東京に」「あわれな現場作業員たち/彼らの命はもう長くない」「原爆から何も学ばなかった日本」といったセンセーショナルな見出しで、崩壊した原発や防護服を着た作業員の写真を、まるで映画の宣伝のようにちりばめていた。

日本でも左派や脱原発はを中心に、事実をゆがめた報道があったようだが、ドイツの場合はそれが世論の大勢を占めていたといっていい。しかもドイツ外務省は、真っ先に日本からの退避勧告を出して、ジャーナリストも引き上げていったため、現場は当然見ていない。事態の推移は他のメディアからの孫引き、そしてドイツ国内の専門家による机上の理論を引用して、徹底的に悲観的なシナリオを書きたてていた。

相手は原発と放射線であり、物理学や工学的に実態のわかっているものである。しかし、まるで怪獣が上陸したかのような騒ぎぶりで、東日本全域がすでに壊滅状態となっているという印象を、見事にドイツ国内に植え付けてくれた。私に同情の言葉をかけてくれる人たちの目は、まるで故郷を喪失した者に対する真の憐みのまなざしだった。それを観て、私は逆に彼らがメディアにだまされていることに同情の念を禁じえなかった。

しかしこれは世論の動きであり、周りにいる友人たちや、彼らがさらに周囲の人たちと語っていることによれば、たいていのドイツ人はまともにものをみていて、メディアのヒステリーぶりを批判していた。しかしそれを補って余りあるほどのデマ報道に、もう自分はこの国が心底嫌になりかけていた。これは在独邦人のほとんどが感じた、率直な感想であろう。


しかし、そんな中に一筋の光が見えた。事態を見かねたドイツ経済史の編集長が、こうしたドイツの在り方を批判し日本に深い同情の気持ちを寄せる文章を公開したのである。

これほど心に深く訴えかけて、いろいろなわだかまりを解いてくれたドイツ語は初めてかもしれない。これまでのデマ報道には非常につらい思いをしてきたが、逆にこれを読むためにドイツ語を勉強してきたのかもしれない、と思わせる、心のこもったものだった。

さっそくそれを日本語にしてみた。その全文をここに掲載する。
by fachwerkstrasse | 2011-03-20 09:57 | 雑感