まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

お気に入りブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

タグ

人気ジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

ハイデルベルク大学図書館 マネッセ写本特別展

b0206899_8323837.jpg


開催期限ぎりぎりになってしまったが、
写本などの現物を生で拝める貴重な機会を逃
すまいと、大学図書館に足を運んできた。


こういう身近な場所こそが、一番億劫になって
タイミングを逃してしまうものなのである。


17,8世紀からの街並みが残るハイデルベルクに
あって、この大学図書館の建物は割に新しい。


__________[Universitätsbibliothek Heidelberg 2011 © DFS All Rights Reserved]


b0206899_827528.jpg


建造は1905年で、カールスルーエの
建築家ヨーゼフ・ドゥルムが設計。


ファサードの装飾を手掛けたのは
同じくカールスルーエの彫刻家ヘルマン・フォルツとヘルマン・ヴィンツであった。


角にある巨大な塔はかつての
ハイデルベルク城へのオマージュ。


全体的にドイツとフランスの
ネオ・ルネサンス様式に
ユーゲントシュティールを
組み合わせた折衷様式となっている。




[Universitätsbibliothek Heidelberg 2011 © DFS All Rights Reserved]__________


b0206899_8283053.jpg



特別展の会場は階段を上がって上階にあった。



現在の図書館の貸し出し方式は、オンラインのカタログで
検索してから注文をかけて翌日以降に窓口で引き取りと
いうことになっているので、自習室やPCルーム、また一部
の教科書閲覧室などを除いて、本の山に埋もれて一日を
過ごせるという場所では、残念ながらない。





__________[Universitätsbibliothek Heidelberg 2011 © DFS All Rights Reserved]


マネッセ写本の他にも、図書館に所蔵されている貴重な印刷本や写本が特別展示される貴重な機会。
加えて、中世ヨーロッパの宮廷における詩や音楽、それらを作り奏でていた宮廷詩人(ミンネゼンガー)の
様子、そしてとその市の重要なテーマであるミンネ(恋愛)の実像や様々な表象についても分かりやすく
展示されていた。そして中世からの詩以下の伝統に近代に再び注目が集まるようになり、ナショナリズムと
結びついた形での「ドイツ文学」の勃興との関連、そして同時にまた、中世の写本に再び注目が集まるように
なり、複製本が印刷されるようになっていった経緯についても詳しく紹介されていた。

また、もともとハイデルベルクにあったこのこのマネッセ写本がどのような経緯をたどって、
ハイデルベルクを離れ、再び戻ってきたのか、その経緯や尽力した人達についての展示もあった。

b0206899_8294560.jpg

_____[Universitätsbibliothek Heidelberg 2011 © DFS All Rights Reserved]_____

大学図書館での展示とは思えないほどの充実した内容で、(この辺、さすがドイツ最古の大学の「学術力」だろうか)去年のうちからここで紹介しておけばよかったと思ったが、復習を兼ねてここで学んだことを少しづつブログで取り上げていきたいと思う。

ちなみに、当然ながら写本は一冊しかないので、拝めるページも見開き一ページだけ。期間ごとにページをめくっていたようだが、今回は差終了間際だったので、貴重な一ページのみ。今度の日曜日(2月20日)の18時まで、ハイデルベルク旧市街の大学図書館で開かれています。入場料は5ユーロ、割引3ユーロです。写本全体はデジタル化されてオンラインで自由に閲覧できるようになっているので、ご興味のある方はどうぞ。
b0206899_8302867.jpg

_____[Universitätsbibliothek Heidelberg 2011 © DFS All Rights Reserved]_____
by fachwerkstrasse | 2011-02-13 08:23 | マネッセ写本 特別展