まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-⑳ -

b0206899_1941394.jpg
実は、鍛冶屋横町の1番地はかつて、ゲーテの母方の祖母の一番年下の妹、つまり大叔母にあたる枢密顧問官ランゲ女史(Susanne Maria Cornelia Lange、旧姓Lindheimer)の住まいだった。

こちらの記事でも触れた通り、フランクフルトから単身やってきた司法修習生ゲーテが、最高裁の法曹関係者たちの住まいが並ぶ穀物広場の一角に住むことができたのも、この大叔母の取りなしだった。

当然そこからさらに、最高裁に集う法律家たちとのコネを築くチャンスもあったはずなのだが、ゲーテ本人にはもはやどうでもよくなっていた。

逆にこの大叔母から紹介されたドイツ騎士団の官吏であるBuff家との仲は、どんどん深まってゆく。そしてそれが、後のあの名作への布石となるのだ。


______________[Wetzlar Schmiedgasse 1 2009 © DFS All Rights Reserved]


このように、ゲーテの住居があったコルンマルクトを一周して分かったことは、まず何と言っても、ゲーテが司法修習を行うに当たって、最高裁のあるこの街の一等地に住んでいたということ。家柄も財産やコネといった後ろ盾も教養も兼ね備え、言うことなしのはずだった。

しかし法曹界の実態に失望したゲーテは、仕事を放棄し、周りの社交界も無視、内面の声に従って自然を愛し、素朴な民衆の生活を愛し、そして人を愛した。恵まれた状況と本人の内面で起こった葛藤とその悲劇性のギャップが浮かび上がる。

b0206899_19455818.jpg

________[Wetzlar Kornmarkt 2010 © DFS All Rights Reserved]_________

時代を問わず、常人にはおよそ理解しがたい、はたから見ればひどく滑稽に写るであろう、その極端な情熱と誠実さ。だがこの焼けつくような苦しみに耐えきれなかったゲーテは、文筆という手段で救いの道を見出し、書き手はそれによって現実を生き抜いたが、小説の主人公は自ら命を絶つこととなる。

このように、実際に書き手=小説の主人公がいた空間に思いを巡らせることで、逆にこの小説全体を貫く、平常の人間社会の営みに溶け込むことのできない主人公の異常性が浮かび上がるのである。
by fachwerkstrasse | 2011-01-19 19:38 | ゲーテの足跡を訪ねて