まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

待降節 第4主日のためのカンタータ BWV132

間にあわなかったので、これから数日かけて加筆訂正していきます(汗)

バッハ唯一の第4アドヴェントのためのカンタータは、1715年ワイマール期の作品。
ワイマール城の教会で上演された。

1714年にワイマール公国宮廷楽団の楽長に就任して以来、毎月カンタータを作曲することが
任務となっていた。しかしこれも1715年の夏に、ヨハン・エルンスト皇太子が19歳の若さで逝去
したことで、一旦中断する事となる。公は音楽をたしなみバッハとも親しくしていた。ワイマール公国は
それから3ヶ月間喪に服すこととなったのである。11月初めになって、ようやく教会での音楽が再会の
運びとなった。服喪期間はこの後まだ数カ月続くこととなるがミサでの音楽は再開されることとなった。

そして服喪明けの2番目の仕事として、この第4アドヴェントのためのカンタータが作曲された。

詩句はザロモン・フランクのもの。ヨハネの福音書の第一章からとられ、洗礼者ヨハネと
ユダヤ人達との問答ならびにキリストについての証言がテーマとなっている。

最初はソプラノのアリアから始まる。イザヤ書40章3節からの一節がパラフレーズ化されている。
すなわち新約の福音と旧約の預言を織り交ぜているわけだ。
2番目のアリアでは、洗礼者ヨハネに対する「あなたは誰だ?」の問いが歌われる。
続くレチタティーヴォでは信徒による懺悔の告白が歌われる。続くアルトのアリアでは、
罪を背負って犠牲となったイエスの死が思い起こされ、ヨハネの黙示録にもある
イエスの衣に関する問答も織り込まれている。

最後のコラールではエリザベト・クロイツィガーの「ただ神の子である主キリスト」からの一節が採用されている。
by fachwerkstrasse | 2010-12-24 23:54 | 教会暦 カンタータ