まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

ツール・ド・ヨーロッパ ③

中村洋太くんのヨーロッパでの「足」となるのは、フレームがとても軽い、かなりの高級車なのだが、
長旅の後も段ボールの中で無事だった様子。自転車の開封記念に一枚!


b0206899_22181575.jpg

フレームと車輪の他にも、小さな箱に小分けして詰め
られた大小様々な部品や道具が、次々と出てくる。

ひとつひとつの無事を確かめる度に
「あぁ、よかった~!」と安堵ののため息がもれる。

それももっともだ、自転車を飛行機で運ぶ人なんて
そうはいないから「ドイツの税関はほとんどフリーパス」
とか「トランクがしょっちゅう壊される」などといった噂を
頼りにできないし、キャンプの用意に際しての注意事項
マニュアルみたいなものも存在しないのだから。

段ボールは自転車専用の箱を(そんなものがあったとは・・・)うまく調達してきたらしいが。




[Yota Nakamura, 2. Aug. 2010 © DFS All Rights Reserved]______________


そんな彼を横目に、僕は彼が持参したDVDで、ワセオケの名演に酔いしれる。

彼とも話したことだが、よく日本人の演奏家の欠点としていわれる
「技術は優れているが、個性がない」

こっちにきて、いろんな演奏家や団体を聴いてきた中で、良くも悪くもこれはあたっていると思う。
ただし、まったく逆の意味でだが。
つまりこちらでは素人・玄人問わず、技術的な習熟度に天と地ほどの差があるのだ。

ドイツには、日本よりもたくさんのオーケストラが各地にあるが、実際はかなりピンキリで、
日本でも有名な一部のトップクラスを除けば、実はそんなに大したことがなかったりする。
技術面では、日本の地方オーケストラの方が、はるかに上だと思っていいだろう。

僕のこれまでの印象では、大きく3つに分けられると思う。

一つは「誰が指揮台に上っても名演になってしまうオケ」

こういうオケの場合、指揮者のどんな要求にも柔軟にこたえる技術を兼ね備えているため
逆に指揮者が確固たる音楽を持っていないと、すべて筒抜けになってしまう。
はっきり言って、古典派などの定番のレパートリーなら指揮者なしでも名演を繰り広げることができてしまう。
だから、指揮者がきちんと料理をして「超名演」にしなくてはならないのだ。
b0206899_2229567.jpg

_________[Berlin Philharmonie 2010 © DFS All Rights Reserved]________

2つ目は「当たり外れが大きいオケ」

これは、指揮者のもう一つの能力、すなわちオーケストラを教育する能力による。
時々、人心掌握術や音楽の解釈に加えて、オーケストラの持てる能力を150%ひき出してしまう
能力を兼ね備えた指揮者がいる。こういう人に当たると、信じられないほどの音色を奏でるのだが
逆にそうでない時には、ごく凡庸な演奏になってしまう。
(同じオケなのに、指揮者によって「音」そのものが変わってしまうというのは、人生最大の謎)

3つ目は…あえて言いますまい(笑)

こういうところに、上の2つで挙げたような指揮者がくることはほとんどないので、
その意味での比較はできないが「未来のマエストロ」的な若手が音楽監督だったりする。
音楽と言うのは不思議なもので、鳴っている音はめちゃくちゃでも、指揮者ががんばっていれば
ちゃんとその音楽は伝わってくるものだ。
by fachwerkstrasse | 2010-12-13 22:33 | ツール・ド・ヨーロッパ