まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

タグ

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

袖すりあうも・・・

半年ほど前のこと、メンザで食事をしていたら、斜め向かいに
晩年のロナルド・レーガンにちょっと似た風貌のご老人が座った。

ハイデルベルク大学の学生食堂。手前のU字型の建物がそうで、かつては王室の厩舎だった建物だ。
b0206899_20652.jpg

______[Heidelberg Mensa Marstall 2009 © DFS All Rights Reserved]_______

b0206899_2064538.jpg
ちなみに、奥の灰色の建物には考古学部が入っている。
昔はもっときれいな建物が建っていたようだが、古い街並みを
誇るこの街でも、ところどころ、こういう無粋な鉄筋コンクリートに
置き換わってしまっているのが悔しい。


_____________[Heidelberg-Panorama, Matthäus Merian, 1620 (Ausschnitt)]

Guten Appetit (日本語のいただきます、と違って、食事をする際に互いに「おいしく召し上がれ」とかける言葉) からはじまり「学生さん?」とか、いろいろ話しかけてきた。日独英の通訳を勉強しているというと「むかし日本にいったことがあるよ、ただし1週間だけだけど」といって、身の上話をたくさんしてくれた。

隣町 Ludwigshafen にある化学企業BASFの営業を長く勤めて、その時は三菱と取引をしたらしい。梱包に使う技術みたいなことを話していたが、これはよくわからなかった。ただでさえ専門的な内容な上に、今はもう長らく使われてない技術らしい。四日市と東京にいって、東京では築地の魚市場をみたり、芸者パーティやフィリピン人パブに連れてってもらったり(笑)古き良き時代の日本式ビジネスを堪能した様子。

日本語で「はい」というのは、あれは Ja のことかね?印象的だったのは、日本人のビジネスマンは、みんな上司の言うことに、直立不動でひたすら「はい」「はい」だよ。日本人は常に集団で行動しないといけないみたいだね。ドイツ人は違う。営業や出張にしたって、たいてい一人だ、時には2人で行く時もあるけど、めったにないね。僕自身、個人主義者さ。自分で考えて決めて行動したいもんだね。「そう、日本人はぜんぶ肯定しないといけない、そうでないと生きていけないんですよ」 僕はそう答えた。

あとは、オーストラリアやオランダとか、いろんなところにいった。日本よりも、もっと長くいたよ。オランダでは言葉も勉強した。確かにドイツ語と似てるけど、でも実際に使うとなると、ほとんどぜんぶ新たに学ばなければいけないから、なかなか大変だったけどね。

_________________秋、紅葉のハイリゲンベルク_______________
b0206899_20131294.jpg

_______[Heidelberg Neckaerstaden 2010 © DFS All Rights Reserved]______

そうして、家族の話など、食事が終わっても30分ほどいろいろ話をしていた。ひとしきり話したあと、その個人主義者の老人は、まずオランダ語の別れのあいさつを教えてくれた後、突然食器を片づけ始め、立ちあがり、リュックを背負いながら、「日本語で Auf Wiedersehen は何だっけ?」と言って、僕が答える前にニヤッと笑って「サヨナラ」と言い、風のように去って行った。
by fachwerkstrasse | 2010-11-16 20:21 | 雑感