まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

次世代の演奏家 ダーヴィッド・テオドーア・シュミット ①

b0206899_2122491.jpg

次はドイツのDavid Theodor Schmidt。


1982年エアランゲン生まれのバリバリ若手。


いやー、実はこの人を早く紹介したくて、
うずうずしていたくらいだ!



[David Theodor Schmidt 88697431592 © Sony Music Entertainment 2009]______

シュミットを知ったのは、まったくの偶然だった。

ラジオの演奏会中継などでは、2時間枠をとっていても、2時間きっかりで演奏会が終わるわけではないので、たいていは次の番組開始までの「つなぎ」のために、最新の録音を紹介することがある。そんな「時間合わせ」のために流されたブラームスの小品集を聴いて、オヤッと思ったのだ。

ものすごく深みのある音色と、長い息遣い、貫禄すら感じさせる解釈、てっきりどこぞの巨匠の名演かと思ったのだが、それにしては、どうも音質が新しすぎる。はて、一体誰だろう?と、にわかに耳をダンボにしはじめて、最後に演奏者名を聴き逃さないように必死で耳をそばだてていた。この手のつなぎ演目はHPにもアップされないから、聴き逃したらおしまい。

はたして、聴きとった名前をさっそくググってみたら、おぉ!もうホームページもある。
ふむふむ、名前からしてドイツ人だな。そして開いて出てきたのは…


b0206899_2174383.jpg

ふつーに、その辺のサッカークラブにいそうな(笑)
まだあどけなさの残る若者だった。
というわけで、二度びっくり。だって、この若さで、
どうしてこんな、すべてを悟ったかのような円熟みを出せるの???

公式HP

公式HPの試聴コーナー

最新CD(試聴つき)
_____________________[David Theodor Schmidt © KASSKARA 2006]


ちょうどその頃、シュミットは演奏会というよりは、ドイツ全国のベヒシュタインの店舗でのもっと
小規模なサロンコンサートのツアーを行っていた。近々フランクフルトに来るというので、行ってみた。
さぁ、はたして録音でみせる、あの深みは本物かどうか…
by fachwerkstrasse | 2010-11-14 21:13 | 次世代の演奏家たち