まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

ドイツ木組みの家街道 -帝国高等法院の街 ヴェッツラ-⑫ -

さて今度は広場の突き当たり、区画としては広場の先に延びるオーバートーア通りの18番地をみてみよう。
b0206899_2345197.jpg

_______[Wetzlar Obertorstraße 18 2009 © DFS All Rights Reserved]_______

こちらの4階建ての建物もやはり平入り(住所に該当する通り、すなわち写真右側の面に玄関があるようなので、妻入りじゃないかねぇ?) 17世紀末にアルンスブルク宮廷のイエズス会系の学校をそっくりそのまま真似て築造されたらしい。一階部分(地上階)は漆喰塗りで、その上に木組み構造が密に合わさった居住スペースが2階、3階と続いている。

b0206899_8543967.jpg
写真右手ファサード面の上から2段目の中央部分を見ると、筋交いで支柱を補強し、持ち送り
とも組み合わさって、さながら人間のような形になっている。こうした形状を、その名もMann- figur=人型)といい、木組み建築の骨組みのパターンの一つである。この人型は通りに面し
たファサードの脚注、および切妻屋根の大きな屋根裏部屋部分の角の脚柱とに接している。


______________[Wetzlar Obertorstraße 18 2009 © DFS All Rights Reserved]


2階から上の部分では、階層ごとにわずかに段差があり、そこに腕木が若干張り出している。
これらの腕木は下半分が刳り抜かれて、人型と並んで、際立った木組模様を成している。
b0206899_9335333.jpg

_______[Wetzlar Obertorstraße 18 2009 © DFS All Rights Reserved]_______


ちなみに、穀物広場に面した側の3階部分に、木組みが交差している個所がある。b0206899_1416861.jpg
これは「薪架=Feuerbock」とよばれる、装飾的な木組みの一種で、もともとは
中世から近世にかけて、鎖や棒で足元の土台や架台を固定し、暖炉の前に置いて
薪を乗せるために用いられていた道具だったのだが、その形状が木組み建築の
装飾に用いられるようになり、名称もそのまま受け着いたというわけだ。
______________[Wetzlar Obertorstraße 18 2009 © DFS All Rights Reserved]
by fachwerkstrasse | 2010-11-09 23:48 | ドイツ木組みの家街道