まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

冬時間の到来とともに「冬の旅」を想う (続き ③)

そんなシフのピアノは、冒頭からまさに氷のように冷たい。

冷た過ぎて恐怖すら感じてしまう音色で、聴き手を一気に冬の旅へいざなう。

b0206899_19245031.jpg

____[Heidelberg Blick vom Philosophenweg 2010 © DFS All Rights Reserved]____

「おやすみ」と、すでにこの世との決別を表明し、さすらい人は歩みを続ける。冷たい風が吹きすさび、涙も凍りつき、もはや妄想を抱くことすら許されず、リンデの木(菩提樹ではない!!!)の下でしばしの休息をとり、目を閉じる。雪の降る真冬の夜に、である!。梢のざわめきは、まるで「おいで」と呼んでいるようだが、まだ本当の安らぎは得られない。旅人はまだ歩みを止めるわけにはいかないのだ。

再び涙があふれ、悲しみは雪に吸い込まれてゆく。川のほとりでしばし樹皮に刻んだ恋人の名前に思いを馳せ、幸福な思い出が一瞬蘇るも、再び孤独と絶望の現実に引き戻される。鬼火までがちらつくが、山小屋でしばし憩いの場を見つけた。

b0206899_19292044.jpg

幸せな春の夢も、いっときのわずかな幸福への夢想も、無情なカラスの鳴き声で一瞬に容赦なくかき消されれ、目の前の厳しい「冬」の現実に引き戻されてしまう。

シュライヤーとシフの演奏では、そのコントラストが実にすばらしい。

旅人はついに明るい朗らかな世界を呪うようにまでなってしまい、再び孤独に歩みを進める。

街からやってきた郵便馬車のラッパの陽気な音色が聞こえる。

恋人の住む街からやってきた、あの郵便馬車だ!

だが当然自分宛の手紙などあるわけもない。


______________[Heidelberg Kurzer Buckel 2010 © DFS All Rights Reserved]


降り積もる雪で頭は真っ白だが、本当に年老いて白髪になったかのような心持ちだ。頭上には、そんな死に体の自分に食らいついてやろうと、カラスが一羽くるくる飛んでいる。シフの軽快なテンポと透明で軽やかな音色は、もう本当に屍の上をくるくる飛ぶ鳥と、冬の冷たく澄んだ空気そのものだ。枯れ木に一枚残る葉に最後の望みを託すも、それも無残に散ってしまう。村に入っても犬に吠えられる始末。

b0206899_1930461.jpg

_______[Heidelberg Schloßgarten 2010 © DFS All Rights Reserved]______


風の吹きすさぶ朝、そうさ、冬はこうでなくちゃ!と、もはや自暴自棄。暖かい家庭の幻影まで見えてくるようになった。もはや自分が進むべくは、誰も通ったことのない道、一人として戻る人のない道だ。

おまけに最後の安息所(つまり墓場)でも満室だと断られる始末。もはや陽気に歌って踊るしかあるまい。
この世にゃ神も仏もないんだから!!3つ見えていた幻日も、二つが沈んでしまい辺りは暗いが、むしろその方がかえって心は落ち着くというもの。

b0206899_381773.jpg


そして村のはずれで孤独に手回しオルガンを回す奇妙な老人と出会った。

聴く人もないまま、ひたすら回す、回す、回す… ライアーマンの孤独な調べ… 

まるで演奏が終わっても冬の旅の音楽は永遠に続くかのようだ。



_____________________________[Der Leiermann © Anton Piek]

そう、ここで描かれている孤独と絶望は、どんなに時代が変わろうとも、必ず人々の胸の奥にあり続けるのだ
by fachwerkstrasse | 2010-11-05 19:47 | 音楽雑感