まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

日本を見つめ直す

一カ月弱の日本滞在を終えて、ドイツに戻ってきました。フライトや出発の準備、またすぐさま新学期に突入だったのでしばらく更新が滞ってしまったことをお詫び申し上げます。これからまた、出来る限り定期的に記事をのせて行きますので、よろしくお願いいたします。

3日間京都にも滞在しましたが、今回は発見の旅になりました。きっかけになったのは、昨年の『週刊文春』巻頭グラビア特集でみた、昔と今の街並みの空撮写真でした。

b0206899_0385573.jpg

______[京都 法観寺(八坂の塔) 2010 © DFS All Rights Reserved]_______

昭和30年代までの京都は、まだ「町屋」とよばれる伝統的な木造家屋がひしめく街並み。これに神社仏閣が合わさって、まさに古都の景観。しかしそれからわずか20年ほどで、一面鉄筋コンクリートの海に変貌してしまっていた。京都は空襲による破壊を免れたが、結果的に他の大都市と変わらない景観を作り出してしまっている。どのみち、日本人みずからの手で伝統を破壊してしまっているというわけだ。

(さしあたり、こんな写真しかネット上では見つかりませんでした…)

確かに京都には重要な神社仏閣があふれている。しかし1200年の伝統を誇る街だからこそ、ピンポイントで歴史が残されているだけでは、古都と呼ぶにはふさわしくないだろう。実際多くの外国人が京都に来ても、近代的な駅ビルと自動車がひしめく大通り、そして見渡す限りの鉄筋コンクリートに失望させられることが多いと聞く。

(安倍晴明が式神12体を封じ込めた(とされる)一条戻橋。周囲は一面鉄筋コンクリート)
b0206899_111340.jpg

_________[京都 一条戻橋 2010 © DFS All Rights Reserved]_________


日本人がヨーロッパに来て、期待にたがわぬ街並みだと感じるのは、おそらく街全体としての保存がより徹底しているからではないだろうか。ただ、ドイツの場合は田舎町でしかその恩恵にはあずかれないわけだが…。ちなみに、北京でもいま、伝統的な庶民街である胡同(フートン)が急ピッチで破壊されてしまっている。

京都では年々多くの町屋が失われているが、一方で組織化された保存運動も起こっている。

今回、京都駅近くの新町通りを歩いていて、偶然その町屋保存運動のパンフレットに行き当たった。写真の建物は京都町屋作事組事務局の建物で、明治初年の建築。作事組が保全・改修工事の監修を行った。
b0206899_23582199.jpg

_________[京都 新町通り 2010 © DFS All Rights Reserved]_________

平成11年(1999年)に発足した京町屋友の会は、京町屋のよさを広く理解してもらうために様々な催しを行っている。また町屋の修繕や保存に具体的に取り組んでいる京町屋作事組、そして全国レベルでも作事組全国協議会というのが発足している。

後者はようやっと2007年に発足したばかりの新しい取り組みだが、観光資源としても京町屋は再び見直されつつあるらしい。心強く感じたと同時に、できるだけ日本のこうした「ふつうの街並み保存運動」も追って行きたいと思った。さしあたって、今回収拾した写真のいくつかも、折に触れて紹介していきます。こうした「宝物」としてなかなか認知されていない「お宝」にも、もっと目配りしてゆかなくては!

また、参考までに他の町屋に関するリンクを挙げておきます。

京町屋ステイ
京都町屋資料館
京町屋サイト 京都de町屋スタイル
by fachwerkstrasse | 2010-10-13 23:55 | 京町屋