まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

タグ

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

次世代の演奏家たち (前置き)

次世代の演奏家たち、のカテゴリを新規に開設しました。

ゲーテとヴェッツラーについて、まだ筆が進まないので 同じテーマが続いても退屈でしょうから、こうして時折違うテーマが続くこともあります。カテゴリではきちんと分類していますので、そちらでご覧いただければ順番通りになっている(やってゆく)はず。。。

いかに自分の関心(とブログで取り扱うテーマ)が古いものに向かっているからといって、演奏芸術である音楽の場合は、最新情報にも注意を払わなくてはならない。

20世紀は「巨匠」の時代だった。古い録音からも伝わってくる強烈で未曾有の個性の持ち主たちが数々の伝説を作った。そうした時代を懐かしむのは良いが「あんな時代はもう二度と来ない」などと言って今の時代に目をそむけてしまうのは、あまりにもったいない。確かに19世紀的な、演奏家が絶大な権力をふるった前時代的な演奏を今の人達に期待するのは無茶な話だし、そうした解釈をもし現代において披露すれば、それは確かに「間違い」なのだ。その意味で、100年前と比べたらはるかに今の演奏は即物的であるといえるだろう。

しかし、グールドのように聴衆と同じ空間でのコミュニケーションを拒否したような極端な例も、もちろん議論の対象にはなるのだが、やはり音楽は生で聴くものだと思うし、作品そのものも、また演奏家の実力も、同じ空間を共有しないことには伝わってこないと思う。経験上、生でのみ、おそるべき「何か」を聴衆に伝えるマエストロがいることも知っている。(この手のものは、読書感想文などと違って、現物を示すことができないため、同じ空間で共有できなかった人には「はい、そうですか」と素直に納得して頂く他ない)

(ドイツ期待の若手ピアニスト、シュミットのワイマールでの演奏会の休憩時間にて。ただし、このスタインウェイはあんまり状態がよくなかった。そもそも彼にはベヒシュタイン方が合っているのに…)
b0206899_23131491.jpg

____[Weimar, Festsaal im Stadtschloss 2010 © DFS All Rights Reserved]_____

このカテゴリでは、そんな次の世代を担って頂く大切な芸術家の方々を取り上げていきたいと思う。
演奏家を論じるのも、ただ単に個人的な印象で判断するだけではだめで、演奏というものがどのように移ろいできたのか、彼らが提示する解釈には、今のこの時代にどのような意味をもちうるのか、それを考察しなくてはならない。またそれと同時に、表面的な解釈や技術で正しい判断基準を持ち合わせていない大衆の人気をかっさらい、単なる金稼ぎのみで成功している、はったりの演奏家も喝破してゆかねばならない。
by fachwerkstrasse | 2010-10-09 23:19 | 次世代の演奏家たち