まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

タグ

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

なぜ「木組み街道?」 - (12) - フルトヴェングラーと街並み -

ところで、このブログではやはり「古いもの」「失われてしまったもの」「失われつつあるもの」という観点から、特に音楽についても取り上げていこうと思うが、そうなるとやはりフルトヴェングラーに触れずにはいられないだろう。正直なところ、オンライン・オフライン問わずマニア一家言をお持ちの方々が(特に日本では)あまりにも多いので、フルトヴェングラーについてだけは、書くのが「恐怖」なのだが、謙虚に、自分の知りうる範囲内でのことを率直に書かせて頂く他ない。

往年のベルリンフィルの元団員の方々にインタビューをされ上梓された川口・マーン氏が、カラヤンとフルトヴェングラーの音楽の違いを、街並みにたとえておられたのは、とても興味深く、象徴として木組みの家を採用するというこのブログのコンセプトを考えた自分としては、非常に合点がいく。いわく、フルトヴェングラーの音楽は、不揃いながらも全体としては調和のとれた古き良きドイツの街並みであり、カラヤンの音楽は精緻に隅々まで磨き上げられた、寸分の狂いもない現代のハイテク機器のようなものであると。

「フルトヴェングラーの音楽の美しさとカラヤンの音楽の美しさは、まるで異質なもののような気がしている。カラヤンの音楽の美しさが完璧さにあるなら、フルトヴェングラーのそれは、不完全さにある。フルトヴェングラーの音楽の印象を、私は本文の中で、古いヨーロッパの建物に譬えた。柿色のかわらが並ぶ屋根の線は、直線でありながら、直線でない。同じ形であるはずの窓は、どれも微妙に違っている。でも、それは歪なのではなく、えも言われぬ自然な美しさを見せながら、周りの風景にしっとりとなじんでいる。完璧でないからこそぬくもりがあり、私はその情景に抵抗なく引き込まれ、自分の気持ちを委ねることができる。カラヤンの音楽を聴いている時の私は、どこかでいつも抵抗しているのかもしれない。もっとも一方で、カラヤンの音楽の精巧さに魅了されることも、もちろんある。金属製の光沢のある、歪みの全くない曲線は、流線形のポルシェのような美しさだ。そして、鋭角で正確な動きと、美しく丸みのある響きの完璧な合意。」

(川口マーン惠美(2008)「証言・フルトヴェングラーかカラヤンか」新潮選書 pp. 267)

(川と山々に囲まれた古き良きハイデルベルクの街並み。ここにフルトヴェングラーは眠っている)
b0206899_0174225.jpg

__________[Heidelberg 2009 © DFS All Rights Reserved]__________

実際この指摘はまさに我が意を得たりというわけで、一見パステル調の塗料で壁をきれいに塗っていたり、木組みの家を再現しているように見えても、現代の建築技術(ないし建築基準)で再建された建物は窓枠や壁の表面など細かいところが「きれいに揃っている」のである。

古い木組みの家だと細かい部分はおろか、家屋全体が傾いていることもあり、骨組みも途中で屈折していたりして、果たして本当にこんなところに住めるのかしら?と思うような建物も珍しくはない。(床板にビー玉を置いたら、全力疾走するだろう) しかしこうした「不調和」こそが歴史を物語っているのであり、この歪み・時間の流れはどんなに技術が発展しようとも(いやむしろ技術が発展すればするほど)絶対に再現不可能なものなのである。
b0206899_23592812.jpg

__[das Schiefe Haus (17.Jh.) in Wernigerode 2007 © DFS All Rights Reserved]___

戦後に再建された「歴史的な」街並みが嘘臭く感じてしまうのは、こういうところがやたらと目についてしまうのもその原因の一つ。そこで感じる喪失感、違和感、現代を象徴するかの如き表面的な感覚は、そのまま20世紀の大衆の要求に見事にこたえ続けたカラヤンの音楽に通じるものといえるだろう。

これを前提にすると、フルトヴェングラーの愛好者がますます増えていくのに比して、カラヤンの仕事が「実績」として売り上げ枚数などの「記録」として評価されることはあっても、音楽そのものの評価が急速に揺らいでいることの説明もつくというものである。

20世紀のハイテク機器は進歩も早ければ廃れるのも早い。しかし19世紀までに培われてきたものは、その後の技術革新を経てなお、その良さが見直され、かえって新鮮さを持って受け入れられることもある。むしろ20年前の携帯電話やパソコン、また建築などの方が、わずかな時間の経過の間に、それよりも古い「伝統的なもの」よりもことさら古さが強調されて見えてしまうのではないか。

例えばTVで、日本でもヨーロッパでもどこでもいい、古い街並みが紹介されているのと、20年前のトレンディドラマの再放送とでは、どちらが「古臭い」と感じるだろうか。同様に自分には、木組みの家の街並みよりもフランクフルトのビル街の方が一掃「古びて」見えてしまう。(はたして、ベルリンの現代建築群はいつまで新鮮さを保つことができるだろうか?)

20世紀と言うのは、人類がかつてないほどの改良や革新を遂げて、未曾有の文明を築き上げたわけだが、おそらく数百年後に人類の歴史を振り返るならば、これほど「古臭く」「思い起こしたくもない」ような、人類が不自然に「人間であること」から離れていこうとした極端な時代、そしてそして先にも後にもこれほど多くのものが失われていった時代はなかった、という評価を下されるのではあるまいか。

※ ちなみに、フルトヴェングラーは生きた時代は二度の大戦を挟み、レコード技術のおかげでかろうじてその演奏に今でも接することができるだけだが、その芸術と人間性は完全に19世紀の人である。トーマス・マンが「その風格ゆえに」愛した19世紀、ドイツの文化が純粋に最後の輝きを放つことのできた時代である。第二次大戦までの重要な文化遺産は、19世紀と20世紀の葛藤の産物でもあったわけで、一筋縄ではいかなくなる。

それにしても、フルトヴェングラーがせめてあと10年長生きしてくれていたら!カラヤン62年のベートーベンの鮮明な音質と、カラヤンの推進力あふれる解釈の中にも、わずかに残るフルトヴェングラーの残滓ともいえる重厚な響きを聴くにつけ、歯がゆい思いだ!(カラヤン62年のクリアーな音像と、フルトヴェングラーが亡くなる半年前の54年の録音の解釈を頭の中でミックスする作業を繰り返しています…)
by fachwerkstrasse | 2010-09-29 23:54 | なぜ木組み街道?