まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

フォロー中のブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

その他のジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

円熟した演奏

ちなみに、先の許光俊氏のコラムで触れているチッコリーニだが、ここ10年程の間定期的に日本を訪れているのに、一度もタイミングが合わず聞き逃している、痛恨の極み。

あと格安のチケット代にも触れられているが、確かにピアノを中心にソリストの演奏会だと、日本の方がむしろ安いのではないかと思うことがある。歌劇場引っ越し公演などは、逆に目玉が飛び出るような値段だ。むかし、ベルリン国立歌劇場がクプファーの演出、バレンボイムの指揮で「指輪」をやりに来た時は、一番安い席でも4講演セット券で大卒初任給と同じくらいだった。

思うに、ソリストの演奏会企画は場所を問わず民営のマネージメントや団体が切り盛りしているのに対して、オペラやオーケストラなどには企画段階から国立の劇場でなされていることから税金の投入規模が違うのだろうと思う。結果として、来日公演は当然公的扶助の対象外なので、日本では法外な値段、逆に器楽曲は(の方がむしろ)日本では人気があるし、経費もかからない。おそらくそういう背景があるのだろう。

ただし、ソリストの演奏会でもドイツで学割が適用されれば話は別。一回の軽い食事くらいの値段で一流の演奏を特等席で楽しむことができる。いずれにしても、若いうちにドイツに行って、大学に学籍登録をして、歌劇場に通い詰めないと、本当にもったいない!
b0206899_2329949.jpg

[Frankfurt Alte Oper 2009 © DFS All Rights Reserved]

さて、チッコリーニは録音も精力的に行っているが、CDでも聞いて、確かに円熟味を聴かせているのだろうなというのはわかるのだけど、やっぱりこれは生で聴きたい、同じ空間で音を聴かないと伝わらないものがあるはずだ、というのが(逆説的に)ひしひしと伝わってくる。こういう「円熟味」を体験できるのは時間的にも限られているので、ある意味木組みの家より貴重だし(笑)なにはさておき聞いておかなければならない。はたしてそのチャンスは巡ってくるのだろうか? 

そういえば、今年の五月にはネルソン・フレイレを聴きに行ったはずが、病気でドタキャンし、舞台に登場したのはブレハッチ。円熟味を期待して行った身としては、ピンチヒッターには申し訳ないが、余計に不満が募る結果となってしまったのである。しかもこの日は、フランクフルトにガーディナーロ短調ミサを上演しに来ていたのを、わざわざフレイレに賭けていったので、カネよりも「ガーディナーかえせー!」である。

年齢順でいくと、ガーディナーよりはフレイレを優先したわけだが、ブレハッチなんて、これからいくらでも聴けるんだから、だったらむしろこれがラストチャンスかもしれないガーディナーのロ短調ミサをとってたところ!!(HPにはフレイレ降板は一切告知されておらず、当日券の売り場でも告知なし、チケットにも記載なし、本番始まってから主催者が舞台に登場し、ブレハッチの登場を聴衆に告げる… もう少し情報処理はきちんとして下さいよ、S音楽祭の主催者さん…)まぁ、こういうハプニングが起こるのもナマモノの演奏芸術ならではなのである。
b0206899_0205520.jpg

[Schloss Schwetzingen Mozart Saal 2010 © DFS All Rights Reserved]

それはともかく、こうした円熟味でもっとも印象に残っているのは、ラローチャだ。最後の海外ツアーの日本公演を聴けたのは本当に良かった。(自ら引き際を決め「これが最後の海外ツアー」と宣言して各地で公演を行った)あの時は初めて芸術家の体から「オーラ」が出ているのが見えた。感じたんじゃなくて、本当に体を包む青白い炎のようなものが見えたのである。

はたして演奏はまるで天国から降り注いでいるかのような、いやまさに天国そのものだった。対位法とロマン派の書法を極めたショパンが晩年に行きついた境地に見事に合致した名演。 あれだけ「天」を感じさせる幻想ポロネーズは後にも先にもない。

青柳いづみこ氏は、新聞に掲載された論評で、その「枯れた」演奏に違和感を感じておられたようだが、ショパンの晩年は、まさに枯れていなくてはならないのだ!ショパンよりもはるかに長生きして、ピアニスト・教師として絶大な影響を後世に及ぼしたリストのせいで、ピアノ演奏の可能性は大幅に狭められてしまった。現在のショパン解釈の9割方は、ショパン自身が嫌悪感をもよおしていたリストの影響下にある。

「ラローチャ有終の美」 青柳いづみこ 2003年5月15日 朝日新聞

少し不満だったのは「幻想ポロネーズ」。病魔に侵された作曲家のおさえがたい生への未練が生々しい官能の形をとって表れる作品だが、彼女にはそうした執着はないように見えた。「舟歌」など、既に彼岸に渡ってしまっているのではないかと思ったほど。

まぁ、これらの演奏会については、また時期を改めてここで取り上げます。
by fachwerkstrasse | 2010-09-26 23:55 | 演奏芸術 雑感