まだまだ知られざるドイツの歴史探訪の旅。偉大な芸術がうみだされた現場や歴史の舞台となった場所を訪ね歩くことで、紙の上に留まらない活きた文化を醸成してゆく地道な旅の記録です


by fachwerkstrasse

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ドイツ木組みの家街道
ゲーテの足跡を訪ねて
ツール・ド・ヨーロッパ
次世代の演奏家たち
ネッカー紀行
演奏芸術 雑感
音楽雑感
J.S.バッハ 雑感
教会暦 カンタータ
音楽遍歴
マネッセ写本
クリスマス
ドイツの産業文化
マネッセ写本 特別展
文学地理学
京町屋
なぜ木組み街道?
雑感
古城街道紀行

お気に入りブログ

ベルリン中央駅

© 2010-2011 M.UNO

2005年よりドイツ在住
NRW→Thüringen→Hessen
と放浪の旅を経て、現在は
ドイツ・ハイデルベルク大学 
会議通訳修士課程 在籍中

日本独文学会幽霊会員
日本ヘルマン・ヘッセ友の会/
研究会幽霊会員


[翻訳] 

ヘルマン・ヘッセ:インドから
(ヘルマン・ヘッセ全集第7巻)
臨川書店(京都)

当ブログに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。写真下に
[©DFS] と記されている場合、著作権は全てブログ著者に帰します。それ以外の写真や引用は、その都度出典や著作権元を明示しております。

最新のトラックバック

救われた感じです
from びあだるの(とにかく)節制生活
春よ 来い
from ライン河のほとりで

ライフログ


バッハ=魂のエヴァンゲリスト (講談社学術文庫)


ヘルマン・ヘッセ全集 (7)ゲルトルート・インドから・物語集5(1912-1913)


カラヤンとフルトヴェングラー (幻冬舎新書)


証言・フルトヴェングラーかカラヤンか (新潮選書)


フルトヴェングラーかカラヤンか


フルトヴェングラー (1984年) (岩波新書)

検索

タグ

人気ジャンル

以前の記事

2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月

ブログパーツ

最新の記事

2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-03 22:50
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-02 01:37
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-06-01 18:49
2つの川が出会うかつての帝国..
at 2011-05-30 21:36
ネッカー紀行
at 2011-05-25 22:14

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

free counters

なぜ「木組み街道?」 (5) - 象徴としての木組み建築 -

だからこそかえって、この街道に点在する木組みの家というのは、典型的かつ(批判を承知であえて言うと)純粋で素朴なドイツ文化の象徴的な存在と言える。しかし同時にまた、各地方の木組みの家を比較することで、その地方色も把握することができるのである。同じ木組みの家でも、北ドイツ中部ヘッセンチューリンゲン、そして黒い森地方とでは、色合いから装飾に至るまで実に異なる。

(ブレーメン旧市街の、かつて職人街だったシュノーア地区の木組みの家)

b0206899_0375426.jpg

[das Bremer Schnoorviertel 2009 © DFS All Rights Reserved]
※ いつか北の木組み街道を訪れたら、写真を交換します。さしあたりこれは急場しのぎで… 
今は本文中のリンクをご参照ください。

木組み街道は、実は日本人に人気の観光ルートであるロマンティック街道とほとんどかぶっていない。たいていの日本人が目にするドイツの姿は実はごく一部の例外的なもの、といえるのである。例えばドイツ南部、特に南西部にかけては、フランスの影響を受けて洗練された優雅な宮廷文化が花開いたのだが、それも中部ヘッセンの素朴な街並みと比較することで、その差がよりはっきりとわかるようになる。


(プファルツ選帝侯の夏の離宮で有名な、城下町として発展したシュヴェッツィンゲンの中心部。
ハイデルベルクと同様にフランス風のバロック様式の建築で彩られている)
b0206899_056798.jpg

[Schwetzinger Schlossplatz 2010 © DFS All Rights Reserved]


このブログ開設の時点で、実はこの木組み街道に属する98もの街の半分も見れていない。いくつかの街は公共交通機関で辿り着くのにとても難儀する場所にある。実際この街道は車で周遊することを前提としているため、バスが2時間に一本とかそんなことはお構いなしだ。

(バスもコーヒーブレーク)
b0206899_0584857.jpg

[Bus vor dem Bf Dresden-Neustadt 2006 © DFS All Rights Reserved]

それに一度路線バスで、まさにこの街道に沿って移動した時に気付いたことだが、この街道に指定されているルートには、登録されている街だけではなく、その間の農村地帯のようなところにも古びた木組みの家が点在していて、とてものどかな風景を作り出している。だからこれは、街の中で育まれてきた建築だけではなく、街道全体を見て回ることに意義があるのだ。今はまだそこまでの余裕ある旅はとても無理だが、老後の楽しみに、これらのルートをもう一度巡ってみるというのも悪くはないだろう。

(街道沿いの小さな村にあった薬局)
b0206899_1171227.jpg

[Gensungen Bahnhofstraße 2009 © DFS All Rights Reserved]
by fachwerkstrasse | 2010-09-21 01:22 | なぜ木組み街道?